神戸大学大学院農学研究科附属 食資源教育研究センター
農場の生産物 アクセス お問い合わせ リンク
■はりまるとは

はりまるは、神戸大学が初めて育成したバレイショ品種です。

平成19年から育成を開始し、平成29年に品種登録が完了しました。
(品種登録番号:第25695号、品種登録完了日:平成29年2月24日)

播磨地域の新たな特産品になってほしいという願いを込めて「はりまる」と名付けました。

かわいらしい赤紫色の目が特徴

収穫時のはりまる



■はりまるの特徴

・病害虫に対する抵抗性を付与(シストセンチュウ抵抗性遺伝子、Xおよび
 Yウィルス抵抗性遺伝子を持つ)
・ふく枝からのイモの離れが良い
・イモの変形や緑化がしにくい
・裂塊や内部障害が少ない


・良食味
・短卵形で、目は深くないため調理性が良い
・煮崩れしにくい
・デンプン含量が多い
・冷蔵貯蔵によりデンプンが糖化するため、貯蔵後は甘みとホクホク感が
 増す

・明黄の肉色



■はりまるを詳しく知りたい方へ

Breeding Science(英語の原著論文)
農林水産省の登録品種データベース
ジャガイモ博物館のHP
・「はりまる」の普及活動を実施している「はりまるネットワーク」の
 Instagram



■はりまる新規栽培者募集中!

播磨地域在住の方ではりまるの栽培にご興味のある方は、センター事務室
(ans-centerjimu@office.kobe-u.ac.jp)までご連絡ください。