only a Japanese version

2020年11月4日 更新

学生が登壇した学会発表リスト(予定をふくむ)

  1. 登壇者:髙坂拓夢(博士前期生)SrTiO3光触媒による酸素生成反応:走査型電気化学顕微鏡による時間分解計測(口頭発表), 第39回光がかかわる触媒化学シンポジウム, 2020年11月, ウェッブ開催.
  2. 登壇者:平井琢也(博士前期生)ESRを用いたNaTaO3光触媒の光励起状態観測(ポスター発表), 第39回光がかかわる触媒化学シンポジウム, 2020年11月, ウェッブ開催.
  3. 登壇者:Namin Dai(博士後期生)金属ドープチタン酸ストロンチウム光触媒のXFAS解析(ポスター発表), 第125回触媒討論会, 2020年3月, 東京都.
  4.  登壇者:髙坂拓夢(博士前期生)Time-resolved detection of water splitting reaction products by scanning electrochemical microscopy(ポスター発表) , 27th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM27), 2019年12月, 静岡県.
  5. 登壇者:Dianqi Song(博士前期生)Fluorescence Study of Sodium Tantalate Photocatalysts Doped with Lanthanoid Cations(ポスター発表) , International Workshop on Frontier of Science and Technology for Solar Energy Conversion, 2019年11月, 兵庫県.
  6. 登壇者:森口志穂(博士後期生)FM-AFM Imaging of Interfaces between Lubricants Containing Oiliness Agent and an Iron Substrate(口頭発表), International Tribology Conference Sendai 2019 (ITC Sendai 2019), 2019年9月, 宮城県.
  7. 登壇者:Namin Dai(博士後期生)Sr-Doped KTaO3 Photocatalysts, Calcination-Temperature-Dependent Properties(ポスター発表), 第124回触媒討論会, 2019年9月, 長崎県.
  8. 登壇者:高坂拓夢(博士前期生)走査型電気化学顕微鏡による水全分解反応生成物の時間分解検出(口頭発表), 第124回触媒討論会, 2019年9月, 長崎県.
  9. 登壇者:手塚裕也(博士前期生)半導体光触媒による酸素生成反応:走査型電気化学顕微鏡による溶存酸素の時間分解検出(ポスター発表), 2018年度第3回関西電気化学研究会, 2018年12月, 兵庫県.
  10. 登壇者:森口志穂(博士後期生)FM-AFMによる油性添加剤含有PAOの高温観察(口頭発表), トライボロジー会議2019春, 2019年5月, 東京都.
  11. 登壇者:手塚裕也(博士前期生)半導体光触媒による酸素生成反応:走査型電気化学顕微鏡による溶存酸素の時間分解検出(ポスター発表), 2018年度第3回関西電気化学研究会, 2018年12月, 兵庫県.
  12. 登壇者:高坂拓夢(学部4年生)半導体光触媒による酸素生成反応:走査型電気化学顕微鏡による時間分解計測のシミュレーション(ポスター発表), 2018年度第3回関西電気化学研究会, 2018年12月, 兵庫県.
  13. 登壇者:森口志穂(博士後期生)鉄基板界面における油性添加剤のFM-AFM観察(口頭発表), トライボロジー会議2018秋, 2018年11月, 三重県.
  14. 登壇者:森口志穂(博士後期生)Observation of Interface between Lubricant and Fe Substrate by FM-AFM(ポスター発表), 21st International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy (NC-AFM2018), 2018年9月, Porvoo, Finland.
  15. 登壇者:佐藤孝賢(博士前期生)電子スピン共鳴によるSrドープNaTaO3光触媒の電子励起状態の研究(ポスター発表), 第12回分子科学討論会, 2018年9月, 福岡県.
  16. 登壇者:森口志穂(博士後期生)Lubricants Containing Oiliness Agent - FM-AFM Imaging on a Model Substrate for Steal(ポスター発表), Mainz Summer School, Investigating Solid-Liquid Interfaces, 2018年6月, マインツ(ドイツ).
  17. 登壇者:森口志穂(博士後期生)油性添加剤によって生じる吸着物のFM-AFM観察(口頭発表), トライボロジー会議2018春, 2018年5月, 東京都.
  18. 登壇者:Shengkai Xue(博士後期生)Atom-Scale Imaging of TiO2(110) Surface in Water by FM-AFM(ポスター発表), 2018年2月, 663. WE-Heraeus-Seminar, ボン(ドイツ).
  19. 登壇者:手塚裕也(博士前期生)Observation of Sucrose (001) Surface by FM-AFM(ポスター発表), The 25nd International Colloquim on Scanning Probe Microscopy (ICSPM25), 2017年12月, 静岡県.
  20. 登壇者:Shengkai Xue(博士後期生)Atom-Scale Structure of TiO2(110) Surface in Water Imaged by FM-AFM(口頭発表), The 25nd International Colloquim on Scanning Probe Microscopy (ICSPM25), 2017年12月, 静岡県.
  21. 登壇者:Shengkai Xue(博士後期生)Rutile TiO2(110) in Water(口頭発表), Probing Solid‐liquid Interfaces at the Atomic Scale Meeting in Helsinki, 2017年6月, ヘルシンキ(フィンランド).
  22. 登壇者:Shengkai Xue(博士後期生)水溶液に浸漬したTiO2(110)面の原子スケール構造:FM-AFMによる原子分解能観察(ポスター発表), 第11回分子科学討論会, 2017年9月, 宮城県.
  23. 登壇者:佐藤孝賢(博士前期生)SrドープNaTaO3光触媒の電子スピン共鳴による計測評価(ポスター発表), 第11回分子科学討論会, 2017年9月, 宮城県.
  24. 登壇者:Yizhong Zhou(博士前期生)LaドーピングしたNaTaO3光触媒のエックス線吸収分光(口頭発表), 第120回触媒討論会, 2017年9月, 愛媛県.
  25. 登壇者:藤原知也(博士前期生)KTaO3光触媒の単結晶モデル:蛍光エックス線ホログラフィーによる局所構造解析(口頭発表), 第120回触媒討論会, 2017年9月, 愛媛県.
  26. 登壇者:小椋拓哉(博士前期生)Electrolyte Solutions Structured on Mica Visualized by FM-AFM(ポスター発表), Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai- (SSSN-Kansai), 2017年1月, 京都府.
  27. 登壇者:Yohan Park(博士後期生)Ta- or Ga-doped SrTiO3 Photocatalysts Synthesized by Molten-Salt Method(ポスター発表), 2017 International Conference on Artificial Photosynthesis (ICARP2017), 2017年3月, 京都府.
  28. 登壇者:Yohan Park(博士後期生)TaまたはGaをドープしたSrTiO3光触媒の固相合成と溶融塩合成(ポスター発表), 第119回触媒討論会, 2017年3月, 東京都.
  29. 登壇者:周以重(博士前期生)NaTaO3光触媒のLaドーピング:溶融塩合成・固相合成・水熱合成の比較(ポスター発表), 第119回触媒討論会, 2017年3月, 東京都.
  30. 登壇者:藤原知也(博士前期生)CaをドーピングしたKTaO3単結晶の局所構造解析(ポスター発表), 第119回触媒討論会, 2017年3月, 東京都., 第119回触媒討論会, 2017, 東京都.
  31. 登壇者:藤原知也(博士前期生)Single-crystalline Alkali Tantalates Doped with Alkaline Earth Metals(ポスター発表), 表面・界面スペクトロスコピー2016, 2016年11月, 宮城県.
  32. 登壇者:Yizhong Zhou(博士前期生)LaドープNaTaO3光触媒の固相合成・水熱合成・溶融塩合成による調製(ポスター発表), XAFS夏の学校2016, 2016年9月, 北海道.
  33. 登壇者:Shengkai Xue(博士前期生)液中AFM観察に適した金属酸化物表面処理法の探索(ポスター発表), 第36回表面科学学術講演会・第57回真空に関する連合講演会, 2016年11月, 愛知県.
  34. 登壇者:高田有貴(博士前期生)ドロマイト(CaMg(CO3)2)の液中FM-AFM観察(ポスター発表), 第36回表面科学学術講演会・第57回真空に関する連合講演会, 2016年11月, 愛知県.
  35. 登壇者:Longjie An(博士後期生)Electron-Hole Recombination in Sr-doped NaTaO3 Photocatalysts Synthesized in NaCl Flux(口頭発表), 第118回触媒討論会, 2016年9月, 岩手県.
  36. 登壇者:朴ヨハン(博士後期生)金属ドープSrTiO3光触媒の再結合と色素分解反応(ポスター発表), 第118回触媒討論会, 2016年9月, 岩手県.
  37. 登壇者:周以重(博士前期生)LaドープNaTaO3光触媒のラマンスペクトルによる解析(ポスター発表), 第118回触媒討論会, 2016年9月, 岩手県.
  38. 登壇者:藤原知也(博士前期生)NaTaO3エピタキシャル膜の溶媒熱合成(ポスター発表), 第118回触媒討論会, 2016年9月, 岩手県.
  39. 登壇者:Longjie An(博士後期生)Electron-Hole Recombination Controlled by Sr Doping Sites in NaTaO3 Photocatalysts(口頭発表), 第10回分子科学討論会, 2016年9月, 兵庫県.
  40. 登壇者:小椋拓哉(博士前期生)マイカに接する電解質水溶液の断面構造:FM-AFMによる画像化(ポスター発表), 第10回分子科学討論会, 2016年9月, 兵庫県.
  41. 登壇者:本田裕貴(博士後期生)Liquid-Environment FM-AFM Imaging of A Cobalt Porphyrin(ポスター発表), 19th International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy (NC-AFM2016), 2016年7月, UK.
  42. 登壇者:本田裕貴(博士後期生)Solvent-Sensitive Structures of Interfacial Liquid on Salicylic Acid (110) Surface(ポスター発表), 19th International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy (NC-AFM2016), 2016年7月, UK.
  43. 登壇者:本田裕貴(博士後期生)Liquid-Environment FM-AFM Imaging of A Cobalt Porphyrin(ポスター発表), 日芬研究交流ミーティング:液中走査プローブの実験と理論, 2016年4月, 石川.
  44. 登壇者:本田裕貴(博士後期生)Solvent-Sensitive Structures of Interfacial Liquid on Salicylic Acid (110) Surface(ポスター発表), 日芬研究交流ミーティング:液中走査プローブの実験と理論, 2016年4月, 石川.
  45. 登壇者:小椋拓哉(博士前期生)Structured Liquid on Mica, Electrolyte Dependence(ポスター発表), 日芬研究交流ミーティング:液中走査プローブの実験と理論, 2016年4月, 石川.
  46. 登壇者:高田有貴(博士前期生)Dolomites in Liquid Imaged by FM-AFM(ポスター発表), 日芬研究交流ミーティング:液中走査プローブの実験と理論, 2016年4月, 石川.
  47. 登壇者:Shengkai Xue(博士前期生)Preparation of Metal Oxide crystals forhigh-resolution AFM Imaging in Liquid(ポスター発表), 日芬研究交流ミーティング:液中走査プローブの実験と理論, 2016年4月, 石川.
  48. 登壇者:朴ヨハン(博士後期生)GaまたはTaをドープしたSrTiO3光触媒の電子-正孔再結合速度(ポスター発表), 第117回触媒討論会, 2016年3月, 大阪.
  49. 登壇者:李浩亮(博士前期生)溶融塩合成法を用いてスズをドープした酸化チタン光触媒(ポスター発表), 第117回触媒討論会, 2016年3月, 大阪.
  50. 登壇者:高田有貴(博士前期生)Dolomites in Liquid Imaged by FM-AFM(ポスター発表), The 23rd International Colloquim on Scanning Probe Microscopy, 2015年12月, 北海道.
  51. 登壇者:藤原知也(学部生)ペロブスカイト型タンタル酸塩単結晶膜の水熱エピタキシャル合成(ポスター発表), 第35回表面科学学術講演会・第56回真空に関する連合講演会, 2015年12月, 茨城.
  52. 登壇者:高田有貴(博士前期生)The Identification of Cation at the Dolomite Surface in Liquid by FM-AFM(ポスター発表), Joint ACRITAS & MAINZ Summer School, Investigating the Solid-Liquid Interface, 2015年9月, Mainz.
  53. 登壇者:Yohan Park(博士後期生)SrTiO3光触媒の固相合成・溶融塩合成・溶媒熱合成による作製(ポスター発表), 第34回光がかかわる触媒化学シンポジウム, 2015年6月, 東京.
  54. 登壇者:水谷天勇(博士後期生)励起状態にある酸化チタン光触媒の赤外吸収スペクトルの時間変化(口頭発表), 第116回触媒討論会, 2015年9月, 三重.
  55. 登壇者:Yohan Park(博士後期生)固相合成・溶融塩合成・溶媒熱合成で作製したGaドープSrTiO3光触媒(ポスター発表), 第116回触媒討論会, 2015年9月, 三重.
  56. 登壇者:Longjie An(博士後期生)Electron-hole recombination rate in Sr-doped NaTaO3 photocatalysts chemically etched with HF solution(口頭発表), 第116回触媒討論会, 2015年9月, 三重.
  57. 登壇者:Longjie An(博士後期生)Electron-Hole Recombination in Sr-doped NaTaO3 Photocatalysts: Solid-State Synthesis Versus Solvothermal Synthesis(ポスター発表), The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, Honolulu.
  58. 登壇者:水谷天勇(博士後期生)Time-Resolved IR Absorption of Photoexcited Electrons in TiO2(ポスター発表), The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, Honolulu.
  59. 登壇者:Park Yohan(博士後期生)Ga-Doped SrTiO3 Photocatalysts Prepared via Solid-State and Molten Salt Method(ポスター発表), The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, Honolulu.
  60. 登壇者:Park Yohan(博士後期生)SrTiO3 Photocatalysts Prepared thorough Solid-State, Molten Salt, and Solvothermal Method(ポスター発表), The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, Honolulu.
  61. 登壇者:粉川良平(博士後期生)原子間力顕微鏡の力感度向上による高分解能化と溶媒和測定に関する研究(口頭発表), 同志社大学FM-AFMセミナー, 2015年3月, 京都.
  62. 登壇者:水光俊介(博士前期生)炭素材料に接する二成分液体の構造の研究(口頭発表), 同志社大学FM-AFMセミナー, 2015年3月, 京都.
  63. 登壇者:李浩亮(博士前期生)スズをドープした酸化チタン光触媒の調製と解析(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第5回サイエンスフロンティア研究会, 2014年10月, 神戸.
  64. 登壇者:Park Yohan(博士後期生)Solvothermal Synthesis of Ga-doped SrTiO3 Photocatalysts(ポスター発表), 2014 International Conference on Artificial Photosynthesis (ICARP2014), 2014年11月, 兵庫.
  65. 登壇者:Takao Mizutani(博士後期生)Infrared Absorption Spectrum of Electrons Excited in TiO2 Photocatalysts(ポスター発表), 2014 International Conference on Artificial Photosynthesis (ICARP2014), 2014年11月, 兵庫.
  66. 登壇者:Longjie An(博士後期生)NaTaO3 Photocatalysts Doped with Sr in A-site or in B-site(ポスター発表), 2014 International Conference on Artificial Photosynthesis (ICARP2014), 2014年11月, 兵庫.
  67. 登壇者:Hao Liang Li(博士前期生)Sn-doped TiO2 Photocatalysts Prepared via Sol-gel Method with Citric Acid(ポスター発表), 2014 International Conference on Artificial Photosynthesis (ICARP2014), 2014年11月, 兵庫.
  68. 登壇者:Park Yohan(博士後期生)金属ドープSrTiO3光触媒の溶媒熱合成(ポスター発表), 第4回CSJ化学フェスタ2014, 2014年10月, 東京.
  69. 登壇者:安龍傑(博士後期生)SrドープNaTaO3の表面再構成と光触媒機能:よいドーパントを探す法則の探求(ポスター発表), 第4回CSJ化学フェスタ2014, 2014年10月, 東京.【ポスター賞受賞】受賞ポスター
  70. 登壇者:水光俊介(博士前期生)炭素材料に接する混合有機溶媒のナノスケール構造:FM-AFMと中性子反射率による解析(口頭発表), 第34回表面科学学術講演会, 2014年11月, 島根.
  71. 登壇者:吉原大賀(元学部生)二酸化チタン単結晶プリズムを用いた界面水のATR-IR分光(ポスター発表), 第34回表面科学学術講演会, 2014年11月, 島根.
  72. 登壇者:水光俊介(博士前期生)炭素材料に接する二成分液体の構造の研究(ポスター発表), 第32回関西界面科学セミナー, 2014年7月, 兵庫.
  73. 登壇者:川崎聖治(派遣学生:博士後期生)周波数変調型原子間力顕微鏡による光触媒上の水和構造観察(受賞記念講演), 第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年3月, 神奈川.
  74. 登壇者:Longjie An(博士前期生)Sr-doped NaTaO3 Photocatalysts Prepared via Solid State Reaction or Hydrothermal Reaction(ポスター発表), 第113回触媒討論会, 2014年3月, 愛知.
  75. 登壇者:水谷天勇(博士前期生)酸化チタン参照光触媒の励起電子による赤外吸収スペクトル(ポスター発表), 第113回触媒討論会, 2014年3月, 愛知.
  76. 登壇者:Longjie An(博士前期生)NaTaO3 Photocatalysts modified with Sr at B- or A-site via Solid State Reaction or Hydrothermal Reaction(ポスター発表), 神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会2013, 2013年12月, 兵庫.
  77. 登壇者:水光俊介(博士前期生)グラファイトに接する二成分液体の溶媒和構造の研究(ポスター発表), 神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会2013, 2013年12月, 兵庫.
  78. 登壇者:水谷天勇(博士前期生)電子励起状態の酸化チタン光触媒の赤外分光法による分析(ポスター発表), 神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会2013, 2013年12月, 兵庫.
  79. 登壇者:Longjie An(博士前期生)NaTaO3 photocatalysts selectively modified with Sr dopant at A-site or B-site(口頭発表), The Seventh Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology (TOCAT7), 2014年6月, 京都.
  80. 登壇者:川崎聖治(派遣学生:博士後期生)周波数変調型原子間力顕微鏡による光触媒SrTiO3(001)上の水和構造観察(ポスター発表), 東京大学物性研究所短期研究会「エネルギーと新材料の物性・物質科学」, 2013年11月, 千葉.
  81. 登壇者:Longjie An(博士前期生)Raman Observation of Sr-doped NaTaO3 Photocatalysts(口頭発表), 神戸大学理学研究科化学専攻学術講演会, 2013年10月, 兵庫.
  82. 登壇者:天野天勇(博士前期生)Infrared Spectra of Titanium Oxide Photocatalysts Irradiated with UV-Light(ポスター発表), 日本分光学会国際シンポジウム「分光学の太陽電池・天然/人工光合成への応用」, 2013年11月, 大阪.
  83. 登壇者:Longjie An(博士前期生)SrをドーピングしたNaTaO3光触媒の表面再構成(ポスター発表), 第33回表面科学学術講演会・第54回真空に関する連合講演会, 2013年11月, 茨城.【講演奨励賞受賞
  84. 登壇者:水光俊介(博士前期生)周波数変調原子間力顕微鏡によるマイカ上の直鎖アルコールの液体構造の解析(ポスター発表), 第7回分子科学討論会2013, 2012年9月, 京都.
  85. 登壇者:川崎聖治(派遣学生:博士後期生)Hydration Structure on a Photocatalyst SrTiO3 Observed by FM-AFM(ポスター発表), 12th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures & 21st International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ACSIN-12 & ICSPM21), 2012年11月, 茨城.
  86. 登壇者:川崎聖治(派遣学生:博士後期生)FM-AFM による光触媒SrTiO3上の水和構造観察(口頭発表), 第74回応用物理学会学術講演会, 2012年9月, 京都.【講演奨励賞受賞
  87. 登壇者:Longjie An(博士前期生)Raman Observation of Sr-doped NaTaO3 Photocatalysts(口頭発表), 第112回触媒討論会, 2013年9月, 秋田.
  88. 登壇者:水光俊介(博士前期生)周波数変調原子間力顕微鏡による直鎖アルコール-マイカ界面の観察(ポスター発表), 日本顕微鏡学会第69回学術講演会, 2013年5月, 大阪.
  89. 登壇者:美馬勇輝(博士前期生)Development of Tunneling Magnetoresistance Microscope with Electro-Magnetic Field Reconstruction(ポスター発表), International Conference of the Asian Union of Magnetics Societies (ICAUMS2012), 2012年10月, 奈良.
  90. 登壇者:田中裕祐(博士前期生)昇華性結晶の原子間力顕微鏡による大気中観察(ポスター発表), 第32回表面科学学術講演会, 2012年11月, 宮城.
  91. 登壇者:西岡利奈(博士前期生)ニトロベンゼン誘導体結晶-水界面のFM-AFMを用いた構造解析(口頭発表), 第32回表面科学学術講演会, 2012年11月, 宮城.
  92. 登壇者:今田博丈(博士前期生)周波数検出方式原子間力顕微鏡によるカルサイト-水溶液界面の構造解析(口頭発表), 第32回表面科学学術講演会, 2012年11月, 宮城.
  93. 登壇者:水谷天勇(博士前期生)赤外吸収スペクトルによる酸化チタン光触媒の研究(ポスター発表), 第6回分子科学討論会2012, 2012年9月, 東京.
  94. 登壇者:日浅巧(博士後期生)親水・疎水基を共存させた表面上の水和構造観察(ポスター発表), 第6回分子科学討論会2012, 2012年9月, 東京.
  95. 登壇者:美馬勇輝(博士前期生)ラドン変換による磁気イメージング法の高分解能化(口頭発表), 第73回応用物理学会学術講演会, 2012年9月, 愛媛.
  96. 登壇者:日浅巧(博士後期生)FM-AFM によるdecanol/HOPG 界面の構造解析(口頭発表), 第73回応用物理学会学術講演会, 2012年9月, 愛媛.
  97. 登壇者:古橋幸嗣(博士前期生)時間分解赤外分光法によるSrドープNaTaO3光触媒の研究(ポスター発表), 第110回触媒討論会, 2012年9月, 福岡.
  98. 登壇者:日浅巧(博士後期生)原子間力顕微鏡による親水性単分子膜上の液体構造の検討(口頭発表), 日本化学会第92春季年会, 2012年3月, 横浜.
  99. 登壇者:水谷天勇(学部生)低波数赤外吸収による酸化チタン参照光触媒の研究(ポスター発表), 第109回触媒討論会, 2012年3月, 東京.
  100. 登壇者:古橋幸嗣(博士前期生)SrドープNaTaO3光触媒の時間分解赤外分光(ポスター発表), 第109回触媒討論会, 2012年3月, 東京.
  101. 登壇者:今田博丈(博士前期生)High-resolution imaging of CaCO3 particles in liquid by FM-AFM(口頭発表), Japan-Finland Joint Seminar of Material Science, 2011年11月, 神戸.
  102. 登壇者:今田博丈(博士前期生)原子間力顕微鏡による微粒子の液中高分解能観察(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第2回サイエンスフロンティア研究会, 2011年10月, 神戸.
  103. 登壇者:鈴木智子(博士前期生)FM-AFMによるアルカンチオール単分子膜の観察(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第2回サイエンスフロンティア研究会, 2011年10月, 神戸.
  104. 登壇者:西岡利奈(博士前期生)原子間力顕微鏡を用いたp-ニトロアニリン-液体界面の観察(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第2回サイエンスフロンティア研究会, 2011年10月, 神戸.
  105. 登壇者:古橋幸嗣(博士前期生)赤外分光法による光触媒中の電子-正孔再結合反応の研究(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第2回サイエンスフロンティア研究会, 2011年10月, 神戸.
  106. 登壇者:今田博丈(博士前期生)High-Resolution FM-AFM Imaging of Calcite Particles in Water(ポスター発表), International Symposium on Surface Science (ISSS6), 2011年11月, 東京.
  107. 登壇者:粉川良平(博士後期生)FM-AFM study of n-Alkane-Adsorbed Graphite Immersed in Liquids(ポスター発表), 14th International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy, 2011年9月, ドイツ.
  108. 登壇者:日浅巧(博士後期生)原子間力顕微鏡によるアルカンチオール単分子膜上の液体構造の解析(口頭発表), 第5回分子科学討論会2011, 2011年9月, 北海道.【優秀講演賞】
  109. 登壇者:古橋幸嗣(博士前期生)RhとSbを共ドープしたSrTiO3光触媒の時間分解赤外分光(ポスター発表), 第5回分子科学討論会2011, 2011年9月, 北海道.
  110. 登壇者:杉原知紀(博士前期生)グラファイト-液体界面に集積したペプチドナノチューブの構造(ポスター発表), 第5回分子科学討論会2011, 2011年9月, 北海道.
  111. 登壇者:西岡利奈(博士前期生)周波数変調方式原子間力顕微鏡を用いたp-ニトロアニリン-液体界面の観察(ポスター発表), 第5回分子科学討論会2011, 2011年9月, 北海道.
  112. 登壇者:今田博丈(博士前期生)周波数変調方式原子間力顕微鏡による炭酸カルシウムの液中観察(ポスター発表), 第5回分子科学討論会2011, 2011年9月, 北海道.
  113. 登壇者:鈴木智子(博士前期生)アルカンチオール単分子膜に接するヘキサデカン液体の構造(ポスター発表), 第5回分子科学討論会2011, 2011年9月, 北海道.
  114. 登壇者:古橋幸嗣(博士前期生)Time-Resolved Infrared Absorption Study of SrTiO3 Photocatalysts Co-doped with Rh and Sb(ポスター発表)特定領域研究「高次系分子科学」第5回公開シンポジウム, 2011年7月, 北海道
  115. (ポスター発表), 第5回分子科学討論会2011, 2011年9月, 北海道.
  116. 登壇者:日浅巧(博士後期生)FM-AFMによる親水性単分子膜上の水溶液構造の解析(口頭発表), 第72回応用物理学会学術講演会, 2011年8月, 山形.
  117. 登壇者:坂龍典(博士前期生)低温試料ホルダーの開発と液中動作周波数変調方式AFMへの応用(口頭発表), 第72回応用物理学会学術講演会, 2011年8月, 山形.
  118. 登壇者:古橋幸嗣(博士前期生)Time-Resolved Infrared Absorption Study of SrTiO3 Photocatalysts Codoped with Rh and Sb(ポスター発表), 触媒学会西日本支部第2回触媒科学研究発表会, 2011年6月, 大阪. 【優秀研究賞】
  119. 登壇者:粉川良平(博士後期生)グラファイト上に吸着したポリエチレンの純水中FM-AFM観察(口頭発表), 研究会「物理化学的手法による新規表面評価」, 2011年3月, 京都.
  120. 登壇者:日浅巧(博士後期生)原子間力顕微鏡によるアルカンチオール自己組織化単分子膜上の水溶液構造の検討(口頭発表), 研究会「物理化学的手法による新規表面評価」, 2011年3月, 京都.
  121. 登壇者:西岡利奈(学部生)周波数変調方式原子間力顕微鏡によるp-ニトロアニリン結晶の表面観察(口頭発表), 研究会「物理化学的手法による新規表面評価」, 2011年3月, 京都.
  122. 登壇者:古橋幸嗣(学部生)Rh・Sb共ドープSrTiO3光触媒の時間分解赤外分光(口頭発表), 研究会「物理化学的手法による新規表面評価」, 2011年3月, 京都.
  123. 登壇者:古橋幸嗣(学部生)Rh・Sb共ドープSrTiO3光触媒の時間分解赤外分光(ポスター発表), 第107回触媒討論会, 2011年3月, 東京.
  124. 登壇者:粉川良平(博士後期生)高分子の液中高分解能観察と溶媒和測定(口頭発表), 東北大学WPI-AIMR塚田研究室特別セミナー「界面溶液構造の諸問題」, 2011年1月, 宮城.
  125. 登壇者:日浅巧(博士後期生)固液界面における力分布計測(口頭発表), 東北大学WPI-AIMR塚田研究室特別セミナー「界面溶液構造の諸問題」, 2011年1月, 宮城.
  126. 登壇者:日浅巧(博士後期生)異なる先端径をもつ探針を用いた液中FM-AFM計測(口頭発表), 春季第58回応用物理学関係連合講演会, 2011年3月, 神奈川.
  127. 登壇者:粉川良平(博士後期生)A State-of-the-Art Scanning Probe Microscopy(招待講演), International Congress on Analytical Sciences 2011 (ICAS 2011), 2011年5月, 京都.
  128. 登壇者:日浅巧(博士後期生)原子間力顕微鏡によるアルカンチオール自己組織化単分子膜上の水溶液構造の検討(口頭発表), 日本化学会第91春季年会, 2011年3月, 横浜.
  129. 登壇者:西岡利奈(学部生)周波数変調方式原子間力顕微鏡によるp-ニトロアニリン結晶の表面観察(口頭発表), 日本化学会第91春季年会, 2011年3月, 横浜.
  130. 登壇者:鈴木智子(学部生)原子間力顕微鏡によるアルカンチオール自己組織化単分子膜の観察(口頭発表), 日本化学会第91春季年会, 2011年3月, 横浜.
  131. 登壇者:小畑恵子(学部生)ナノマグセンサ(口頭発表), テクノ愛2010最終選考会, 2010年11月, 京都.
  132. 登壇者:杉原知紀(博士前期生)Peptide Nanotubes Observed by Frequency-Modulation Atomic Force Microscopy(ポスター発表), The 18th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy, 2010年12月, 東伊豆.
  133. 登壇者:杉原知紀(博士前期生)周波数変調方式原子間力顕微鏡によるペプチドナノチューブの観察(ポスター発表), 特定領域研究「高次系分子科学」第4回公開シンポジウム, 2010年11月, 仙台.
  134. 登壇者:杉原知紀(博士前期生)原子間力顕微鏡によるペプチドナノチューブの観察(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第1回サイエンスフロンティア研究会, 2010年10月, 神戸.
  135. 登壇者:坂龍典(博士前期生)原子間力顕微鏡を用いた固液界面における電気二重層内の溶液構造の解析(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第1回サイエンスフロンティア研究会, 2010年10月, 神戸.
  136. 登壇者:東雄一(博士前期生)静電気力顕微鏡を用いたKTaO3の表面電位分布計測(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第1回サイエンスフロンティア研究会, 2010年10月, 神戸.
  137. 登壇者:日浅巧(博士後期生)原子間力顕微鏡を用いた固液界面における溶液構造の研究(ポスター発表), 神戸大学理学研究科第1回サイエンスフロンティア研究会, 2010年10月, 神戸.【優秀発表賞】ポスターのpdf
  138. 登壇者:小畑恵子(学部生)電磁場逆解析法による磁気記録媒体の三次元磁場分布計測(ポスター発表), 第30回表面科学学術講演会, 2010年11月, 大阪.
  139. 登壇者:杉原知紀(博士前期1年生)AFMによる生体膜表面の微細構造観察(招待講演), 神戸大学理学研究科化学専攻学術講演会, 2010年6月, 神戸市.
  140. 登壇者:東雄一(博士前期1年生)静電気力顕微鏡を用いた金属酸化物の表面電位分布計測(ポスター発表), 第71回応用物理学会学術講演会, 2010年9月, 長崎.
  141. 登壇者:日浅巧(博士後期生)原子間力顕微鏡による固液界面の溶液構造の検討(口頭発表), 分子科学討論会2010, 2010年9月, 大阪市.
  142. 登壇者:日浅巧(博士後期生)周波数変調方式原子間力顕微鏡による自己組織化単分子膜上の溶媒和構造解析(招待講演), 神戸大学自然科学系先端融合研究環創製分子光科学セミナー, 2010年5月, 神戸市.
  143. 登壇者:日浅巧(博士後期生)原子間力顕微鏡による固液界面の溶媒和構造計測(ポスター発表), 特定領域研究「高次系分子科学」第5回合同班会議, 2010年5月, 南あわじ市.
  144. 登壇者:日浅巧(博士後期生)FM-AFM Study of Hydration at Water-Metal Oxides Interfaces(口頭発表), The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), 2010年12月, ホノルル.
  145. 登壇者:日浅巧(博士後期生)FM-AFM Study of Organic Solvents Interfaced with a Thiol-Modified Gold Surface(ポスター発表), The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), 2010年12月, ホノルル.
  146. 登壇者:日浅巧(博士後期生)Kelvin Probe Force Microscope Study of Impregnated Pt/TiO2 Catalyst Models(ポスター発表), The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), 2010年12月, ホノルル.
  147. 登壇者:日浅巧(博士後期生)FM-AFM study of Thiol-Modified Gold Films Immersed in Organic Solvents(口頭発表), 13th International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy, 2010年8月, 金沢.
  148. 登壇者:藤尾慶太(博士後期生)NC-AFM study of dye-sensitized TiO2 electrodes, 13th International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy, 2010年8月, 金沢.
  149. 登壇者:日浅巧(博士後期生)FM-AFM Study on Hydrophilic and Hydrophobic Metal Oxides(ポスター発表), 13th International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy, 2010年8月, 金沢.【学生ポスター賞】abstract
  150. 登壇者:杉原知紀(博士前期1年生)FM-AFM Study of Proteins on Lipid Rafts(ポスター発表), The 12th International Scanning Probe Microscopy Conference, 2010年5月, 札幌.
  151. 登壇者:今田博丈(博士前期1年生)周波数変調方式原子間力顕微鏡によるCaCO3微粒子の液中高分解能観察(口頭発表), 日本顕微鏡学会第66回学術講演会, 2010年5月, 名古屋.
  152. 登壇者:今田博丈(博士前期1年生)周波数変調方式原子間力顕微鏡による微粒子の高分解能観察(ポスター発表), 日本顕微鏡学会第66回学術講演会, 2010年5月, 名古屋.
  153. 登壇者:日浅巧(博士前期2年生)液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による自己組織化単分子膜の非水溶媒中観察(口頭発表), 春季第57回応用物理学関係連合講演会, 2010年3月, 神奈川.
  154. 登壇者:日浅巧(博士前期2年生)周波数変調方式原子間力顕微鏡を用いた固液界面の溶媒和構造解析(口頭発表), 日本化学会第90春季年会, 2010年3月, 大阪.
  155. 登壇者:藤尾慶太(博士後期生)Dye-Adsorbed TiO2(110) Electrodes Studied with FM-AFM(ポスター発表), The 17th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy (ICSPM-17), 2009年12月, 静岡.
  156. 登壇者:藤尾慶太(博士後期生)FM-AFM Observation of Dye-Sensitized TiO2 Electrodes(ポスター発表), 7th International Workshop on Oxide Surfaces (IWOX-VII), 2010年1月, 新潟.
  157. 登壇者:植田真行(博士前期1年生)Nucleophilic Reactivity of Oxygen Adatoms on a TiO2(110) Surface(ポスター発表), 7th International Workshop on Oxide Surfaces (IWOX-VII), 2010年1月, 新潟.
  158. 登壇者:粉川良平(博士後期生)High-resolution Kelvin Probe Force Microscopy Study of Pt Clusters on TiO2(110) in a N2 Gas Environment with an Atmospheric Pressure(ポスター発表), 7th International Workshop on Oxide Surfaces (IWOX-VII), 2010年1月, 新潟.【ポスター賞】
  159. 登壇者:日浅巧(博士前期2年生)Local Hydration Structures on Metal Oxides Investigated by Frequency-Modulation Atomic Force Microscopy(ポスター発表), 7th International Workshop on Oxide Surfaces (IWOX-VII), 2010年1月, 新潟.
  160. 登壇者:藤尾慶太(博士後期生)周波数変調原子間力顕微鏡による色素増感電極モデルの観察(口頭発表), 第29回表面科学学術講演会, 2009年10月, 東京.
  161. 登壇者:日浅巧(博士前期2年生)液中動作原子間力顕微鏡を用いた金属酸化物-水溶液界面の解析(口頭発表), 第29回表面科学学術講演会, 2009年10月, 東京.
  162. 登壇者:植田真行(博士前期1年生)TiO2(110)表面に吸着した酸素原子の吸核反応性(口頭発表), 第104回触媒討論会, 2009年9月, 宮崎.
  163. 登壇者:伊藤晶規(博士前期1年生)異なる濃度でCrとSbを共ドープした酸化チタンの分光計測(口頭発表), 第104回触媒討論会, 2009年9月, 宮崎.
  164. 登壇者:日浅巧(博士前期2年生)液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による金属酸化物の局所水和構造解析(口頭発表), 第70回応用物理学会学術講演会, 2009年9月, 富山.
  165. 登壇者:日浅巧(博士前期1年生)酸化チタン-水溶液界面における局所水和構造のFM-AFM解析(口頭発表), 日本化学会第89春季年会, 2009年3月, 習志野.
  166. 登壇者:日浅巧(博士前期1年生)光触媒反応場における局所水和構造計測(ポスター発表), 神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2008年12月, 神戸.
  167. 登壇者:片岡涼美(博士前期1年生)白金担持二酸化チタン表面の組成・構造分析(ポスター発表), 神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会, 2008年12月, 神戸.
  168. 登壇者:藤尾慶太(博士後期生)FM-AFM Study of Dye-Adsorbed TiO2(110) Electrodes(ポスター発表), The 16th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy, 2008年12月, 東伊豆.
  169. 登壇者:日浅巧(博士前期1年生)Solvation Structures at a Solution-TiO2 Interface Studied by Frequency-Modulation Atomic Force Miscroscopy, The 16th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy, 2008年12月, 東伊豆.
  170. 登壇者:片岡涼美(博士前期1年生)AFM study of Pt Nanoparticles on TiO2(110) Deposited in Solutions, The 16th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy, The 16th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy, 2008年12月, 東伊豆.
  171. 登壇者:日浅巧(博士前期1年生)周波数変調方式原子間力顕微鏡を用いた固液界面の観察(ポスター発表), 触媒学会第18回キャラクタリゼーション講習会, 2008年10月, 神戸.
  172. 登壇者:片岡涼美(博士前期1年生)光電着法で作成した白金担持酸化チタン触媒のプローブ顕微鏡観察(ポスター発表), 触媒学会第18回キャラクタリゼーション講習会, 2008年10月, 神戸.
  173. 登壇者:武内奈穂(博士前期2年生)Electronic sum-frequency spectrum of TiO2(110) surfaces (ポスター発表), International Symposium on Surface Science and Nanotechnology (ISSS5), 2008年11月, 東京.
  174. 登壇者:日浅巧(博士前期1年生)Scanning probe study of TiO2 surfaces placed in reactive environments (ポスター発表), MRS Fall Meeting, 2008年12月, アメリカ.
  175. 登壇者:片岡涼美(博士前期1年生)SPM Observation of Pt Nanoparticles Photodeposited on TiO2(110)(ポスター発表), MRS Fall Meeting, 2008年12月, アメリカ.
  176. 登壇者:片岡涼美(博士前期1年生)光電着法により白金を担持した二酸化チタン表面のSPM観察(口頭発表), 第69回応用物理学会学術講演会, 2008年9月, 名古屋.
  177. 登壇者:丸山規司(博士前期2年生)光励起電子による赤外吸収検出法の高感度化(口頭発表), 第102回触媒討論会, 2008年9月, 名古屋.
  178. 登壇者:片岡涼美(博士前期1年生)光電着法により白金を担持した二酸化チタンモデル触媒のAFM観察(口頭発表), 第102回触媒討論会, 2008年9月, 名古屋. 触媒学会選定「注目の発表」内容の詳細
  179. 登壇者:片岡涼美(博士前期1年生)光電着法を用いて白金を担持した二酸化チタン表面の研究(ポスター発表), 特定領域研究「高次分子系科学」第3回合同斑会議, 2008年5月, 十日町.
  180. 登壇者:丸山規司(博士前期2年生)Time-resolved infrared absorption study of photocatalysts, International Symposium on Creation and Control of Advanced Selective Catalysis (ポスター発表), 2008年7月, 京都.
  181. 登壇者:藤尾慶太(博士後期生)色素増感電極モデルの作成とプローブ顕微鏡を用いた表面観察(口頭発表), 春期第55回応用物理学関係連合講演会, 2008年3月, 千葉.
  182. 登壇者:橘田晃宜(学部4年生)CrとSbをドープしたTiO2単結晶の作成(口頭発表), 春期第55回応用物理学関係連合講演会, 2008年3月, 千葉.
  183. 登壇者:丸山規司(博士前期1年生)分光法を用いた光触媒におけるトラップ準位の検出, 第101回触媒討論会, 2008年3月, 東京. 触媒学会選定「注目の発表」内容の詳細
  184. 登壇者:安尾真明(博士前期2年生)STM Observation of Acetone Adsorption and Photoreaction on TiO2(110), The 15th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy(口頭発表), The 15th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy, 2007年12月, 東伊豆.
  185. 登壇者:稗圃久美子(博士前期2年生)Chlorine-adsorbed TiO2(110) Surfaces Observed with a Kelvin Probe Force Microscope(ポスター発表), The 15th International Colloquim on Scanning Probe Microscopy, 2007年12月, 東伊豆.
  186. 登壇者:武内奈穂(博士前期1年生)電子状態和周波分光器を用いた二酸化チタン表面の観測(ポスター発表), 特定領域研究「高次分子系科学」第2回合同斑会議, 2007年11月, 唐津.
  187. 登壇者:丸山規司(博士前期1年生)アルカリ土類ドープNaTaO3光触媒の時間分解赤外分光(ポスター発表), 特定領域研究「高次分子系科学」第2回合同斑会議, 2007年11月, 唐津.
  188. 登壇者:武内奈穂(博士前期1年生)電子状態和周波分光器の製作(ポスター発表), 第27回表面科学講演大会, 2007年11月, 東京.
  189. 登壇者:稗圃久美子(博士前期2年生)Chlorine-adsorbed TiO2(110) Surfaces Observed with a Kelvin Probe Force Microscope(ポスター発表), 10th International Conference on Non-contact Atomic Force Microscopy (NCAFM2007), 2007年9月, トルコ.
  190. 登壇者:丸山規司(博士前期1年生)アルカリ土類ドープNaTaO3光触媒の時間分解赤外分光(口頭発表), 第100回触媒討論会, 2007年9月, 札幌.
  191. 登壇者:丸山規司(博士前期1年生)NaTaO3光触媒の時間分解赤外分光法による解析(ポスター発表), 第23回化学反応討論会, 2007年6月, 神戸. 「ベストポスター賞」内容の詳細
  192. 登壇者:安尾真明(博士前期2年生)二酸化チタン表面に吸着したアセトン分子光反応の走査トンネル顕微鏡観察(ポスター発表), 第23回化学反応討論会, 2007年6月, 神戸.
  193. 登壇者:池田昌稔(博士前期2年生)Scanning Probe Study of Dye-sensitized TiO2(110) Surfaces(口頭発表), The Fifth International Workshop on Oxide Surfaces (IWOX-V), 2007年1月, アメリカ.
  194. 登壇者:安尾真明(博士前期1年生)二酸化チタン表面に吸着したアセトン分子のSTM観察と光反応(口頭発表), 第67回応用物理学会学術講演会, 2006年8月, 草津.
  195. 登壇者:池田昌稔(博士前期2年生)SPM Observation of Ru(II) Complexes on Rutile TiO2(110) (ポスター発表), 9th International Conference on Non-contact Atomic Force Microscopy (NCAFM2006), 2006年7月, 神戸.
  196. 登壇者:稗圃久美子(博士前期1年生)The Local Work Function of a Pt/TiO2 Photocatalyst Probed by Kelvin Force Microscopy (ポスター発表), 9th International Conference on Non-contact Atomic Force Microscopy (NCAFM2006), 2006年7月, 神戸.
  197. 登壇者:池田昌稔(博士前期1年生)二酸化チタン表面に吸着した色素分子の走査プローブ顕微鏡観察(口頭発表), 春期第53回応用物理学関係連合講演会, 2006年3月, 東京.
  198. 登壇者:池田俊達(博士前期2年生)Cr, Sb共ドープTiO2光触媒の励起キャリアダイナミクス, 第97回触媒討論会(口頭発表), 2006年3月, 東京.  触媒学会選定「注目の発表」内容の詳細
  199. 登壇者:池田俊達(博士前期2年生)Time-Resolved Infrared Spectroscopy of Tantalate Photocatalysts(ポスター発表), The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005), 2005年12月, ホノルル.
  200. 登壇者:池田俊達(博士前期2年生)Time-resolved Infrared Spectroscopy of Visible Light Response Photocatalysts: TiO2 Codoped with Chromium and Antimony(ポスター発表), JST Joint International Symposium on Creation of Nanoscale Designed Surfaces and their Electronic and Catalytic Properties, 2005年9月, 東京.
  201. 登壇者:池田俊達(博士前期1年生)タンタル系複合酸化物光触媒の時間分解赤外分光(口頭発表), 日本化学会第85春季年会, 2005年3月, 東京.

page top