2018年2月17日  更新

表面と界面の化学

界面や光触媒に関する私たちの研究成果は世界のトップレベルにあると自負しています。原子間力顕微鏡と光学分光を用いた界面化学変化の研究・時間分解赤外分光と共鳴ラマン分光を用いた光触媒研究などがこれからの研究テーマです。化学ばかりでなく応用化学・物理学・物質科学・機械工学などの出身者と協同作業するのが楽しみです。博士後期課程へ進学する大学院生に学費相当額を支援する用意があります。希望者は照会ください。自らの力で将来を切り開こうとする留学生を歓迎します。For International Studentsを参照ください。

最近のトピックス

過去のトピックスはこちら

  • タンマサート大学(タイ)の大学院生(Diksha Dhakal)がインターンシップのため一週間来訪しています。さくらサイエンスプランの支援をうけた活動です。 1 【よい成果をあげて帰国しました】
  • タンタル酸ナトリウム光触媒にドーピングしたストロンチウムイオンの局所構造をX線吸収分光などで決定しました。千葉大学・Karlsruhe Institute of Technology(ドイツ)との共同研究です。ACS Catalysis 8 (2018) 880. link 1
  • 2017年のまとめ:博士後期修了者3名・博士前期修了者2名・学部卒業者2名・原著論文4・総説解説1・教科書1・招待講演7・口頭発表23・ポスター発表14・集中講義出講1でした。人材育成に厚い年であったと総括しています。来年もご期待ください。12
  • 大西洋が日本表面科学会の機関誌に巻頭言「表面科学と化学のはざま」を寄稿しました。表面科学 38 (2017) 595. link12
  • 走査型プローブ顕微鏡の入門書を共立出版から発刊しました。淺川雅・岡嶋孝治・大西洋の共著です。 link12
  • 立谷直佐子(技術補佐員)が着任しました。ご期待ください。研究室メンバー12
  • 25nd International Colloquim on Scanning Probe Microscopy (ICSPM25)でShengkai Xue(博士後期生)が口頭発表、手塚裕也(博士前期生)がポスター発表しました。学生登壇リスト12
  • 大西洋が神戸大学学長表彰を受けました。詳細はこちら11

    タンタル酸塩光触媒データベース

    液中AFMフォースカーブデータベース

過去のトピックスはこちら