ぽっとらっく須磨教室のご案内

近年の発達障害をもつ子ども達への支援要請に応えるべく、神戸大学は神戸市と協力し、平成17年9月に旧神戸市灘区役所跡に新しく子育て支援センター「あーち」を創設しました。

私たちは厚生労働省科学研究費補助金モデル事業として発達支援モデル教室「ぽっとらっく」を開設しました。

しかし、発達障害をもつ子ども達への効率的な支援体制を構築するためには、地域に根ざした早期支援の仕組みを作ることが重要です。



【発達障害児の早期発見・早期対応システム】

そこで、平成19年度より、神戸市、須磨区と共同で、厚生労働省科学研究費補助金モデル事業である灘区「ぽっとらっく」と連携して、須磨区にある旧神戸市立大黒小学校跡「すまいるプラザ大黒」に新たな発達支援モデル教室「すまいる・ぽっとらっく」を開設しました。
そして、平成22年度からは「青陽須磨支援学校」にて活動を行っております。、

すまいるぽっとらっくでは、灘区ぽっとっらく同様、ご家族・専門職者への「講習会プログラム」と、保護者の方々が安心して受講できる様、講習会の間お子様をお預かりする「子どもプログラム」を行っています。

プログラムのご案内

コラム

講習会プログラム

大学教員を中心とした研究者や指導者から、発達障害に関する様々なテーマについて講義を受けることができます。

コラム

子どもプラグラム

保健師、保育士、臨床心理士、作業療法士を目指す大学院生、学生、及び研修を目的とした若手保育士が、マン・ツー・マンで託児を行います。みんなで遊ぼう!!