理学部生物学科・理学研究科生物学専攻のホームページへようこそ!!


◆令和 2(2020)年度前期・後期の授業

オンラインでの遠隔授業に関しては、こちらのページをご覧ください。


◆博士課程後期課程・総合型選抜(令和3年度4月入学)を受験される皆様へ

新型コロナウイルスへの対応について(お願い)

What's New

2020.10.28

(論文発表)博士後期課程の高野智之さんと坂山英俊准教授らの研究グループの論文がPhycological Research誌に掲載されました。東京大学理学系研究科との共同研究により、陸上植物の姉妹群であるホシミドロ藻綱に属するアオミドロ属において、ヘテロタリック(雌雄異株)の種の存在を世界で初めて明らかにしました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.6.17

(論文発表)生物学専攻の川井浩史特命教授,羽生田岳昭助教らの研究グループによる深所性緑藻ボニンアオノリに対して新属Ryuguphycusを提唱する論文が,European Journal of Phycology誌に掲載されました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.5.29

(論文発表)板倉光研究員、東京大学大気海洋研究所の脇谷量子郎特任研究員、ロンドン動物学会のMatthew Gollock博士、中央大学法学部の海部健三准教授らの研究チームによる、ウナギ属魚類が淡水生態系の生物多様性保全の包括的なシンボル種として機能する可能性を示した論文がScientific Reports誌に掲載されました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.5.16

(論文発表)加藤大貴助手、石崎公庸教授と、Wageningen大学・Dolf Weijers教授、京都大学・河内孝之教授、西浜竜一准教授、ALBAシンクロトロン・Roeland Boer博士らの研究グループによる、ゼニゴケを研究材料にして植物ホルモンの1種であるオーキシンに対する応答機構の基本原理を明らかにした論文がNature Plants誌に掲載されました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.4.22

(論文発表)近藤侑貴准教授、東京大学・福田裕穂理事副学長、理化学研究所・豊岡公徳上級技師らの研究グループによる、新規培養系の確立をもとに維管束を構成する細胞の比率を制御する分子スイッチGSK3を発見した論文が、Communications Biology誌に掲載されました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.4.21

(論文発表)末次健司准教授と北海道大学総合博物館の首藤光太郎助教らによる研究グループによる、イチヤクソウ属における菌従属栄養性の進化を考察した論文が、American Journal of Botany誌に掲載されました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.4.10

(論文発表)末次健司准教授と卒業生の武富晋太郎さんらの論文が発表されました。一生涯に渡り菌に寄生するシダ植物が存在することを、環境DNAメタバーコーディング解析と安定同位体解析を組み合わせて、世界で初めて明らかにしました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.1.24

(論文発表)内海域環境教育研究センター(生物学専攻)の川井浩史教授のインタビュー記事が神戸大学図書館の広報誌Kernelに掲載されました。 詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.1.24

(論文発表)内海域環境教育研究センター(生物学専攻)の川井浩史教授らの研究グループが,温帯性のコンブ類であるアラメ属の分類の再検討を行い,サガラメという和名で呼ばれてきた種が日本固有の新種であることをEuropean Journal of Phycology誌に発表しました。 詳しくは こちらのページをご覧ください。

2020.1.24

(論文発表)生物学専攻の末次健司准教授、海洋研究開発機構と総合地球環境学研究所の研究グループが、複数の光合成をやめたラン科植物が枯れ木から炭素を得ていることを解明し、New Phytologist誌に発表しました。 詳しくはこちらのページをご覧ください。

2020.1.7

(論文発表)深城英弘教授とベルギー・ゲント大学が共同で、Plant Physiology 誌に植物の側根発生におけるペプチドホルモンと受容体のシグナル伝達に関する総説を発表しました。詳しくはこちらのページへ。

2019.12.12

(受賞)末次健司准教授が、第28回松下幸之助花の万博記念賞 松下幸之助記念奨励賞の受賞者に決定しました。植物を対象とした生物共生系に関する研究で多数の興味深い現象を発見し、その魅力と重要性を社会に広く発信した功績が評価されました。
詳しくは こちらのページへ。

2019.12.7

(論文発表)深城英弘教授らが、Frontiers in Plant Science 誌に、植物の根の分岐に関する研究トピックス特集号を企画されました。詳しくは こちらのページへ。

2019.11.23

(受賞)岩崎哲史助教が日本色素細胞学会奨励賞を受賞されました。
詳しくは こちらのページへ。

2019.11.8

(論文発表)石崎公庸准教授らの研究グループの論文がCurrent Biology誌に掲載されました。京都大学や信州大学、近畿大学、マックスプランク植物育種学研究所との共同研究により、コケ植物の ゼニゴケが植物体から新たな芽をもつ独立したクローン個体を増殖させるための重要因子を同定することに成功しました。詳しくは こちらのページへ。

2019.10.11

(論文発表)博士後期課程の樋渡琢真さんと石崎公庸准教授らの研究グループの論文がCurrent Biology誌に掲載されました。京都大学生命科学研究科やシンガポール・テマセク生命科学研究所、基礎生物学研究 所、理化学研究所環境資源科学研究センター等との共同研究により、コケ植物の ゼニゴケがクローン繁殖体をつくる仕組みの一端を解明しました。詳しくは こちらのページへ。
朝日新聞のデジタル版(10月30日)にも紹介されました。
盆栽の厄介者ゼニゴケ 急増殖のカギは「分身遺伝子」

2019.9.5

(論文発表)尾崎まみこ教授らの研究グループの論文がScientific Reports誌に掲載されました。神戸大学人文学部、浜松医科大学、筑波大学、岩手大学との共同研究で、生後間もない赤ちゃんの頭のにおいの化学構成を初めて明らかにし、出生後の時間経過によるにおいの変化などを人がどの程度識別できるかを感覚心理学的に調べました。詳しくは こちらのページへ。

2019.8.6

(受賞)菅澤薫教授が第4回アジア・オセアニア光生物学会の学会賞を受賞されました。
詳しくは こちらのページへ。

2019.8.2

(論文発表)末次健司准教授の研究が、Phytotaxa誌のオンライン版に掲載されました。鹿児島県奄美大島で、咲かない花をつける新種のラン科植物を発見し、発見場所の地名を冠して、「アマミヤツシロラン(Gastrodia amamiana)」と命名しました。詳しくは こちらのページへ。

2019.7.19

(論文発表)郷達明博士(元・特命助教、現・奈良先端科学技術大学院大・助教)、深城英弘教授の研究グループの論文が、New Phytologist 誌に掲載されました。奈良先端科学技術大学院大、東京農工大、理研との共同研究で、シロイヌナズナ側根形成の開始には転写因子LBD16とPUCHIが連続的に誘導されることが必要なことを明かにしました。詳しくは こちらのページへ。

2019.7.19

(論文発表)深城英弘教授が参画する研究グループの論文が、Current Biology 誌に掲載されました。ドイツ・University of Heidelberg、スイス・University of Zurich、奈良先端科学技術大学院大との国際共同研究で、シロイヌナズナ側根形成の開始の初期段階における細胞骨格ダイナミクスの解析から、側根創始細胞の極性や非対称な伸長におけるF-アクチンや微小管の役割について明らかにしました。詳しくは こちらのページへ。

2019.7.19

(論文発表)深城英弘教授が参画する研究グループの論文が、Plant Journal 誌に掲載されました。山口大学、岡山大学との共同研究で、オーキシンによって誘導される活性酸素種と活性化カルボニル分子種が、側根形成におけるオーキシンシグナル伝達を促進することを明らかにしました。詳しくは こちらのページへ。

2019.7.8

(論文発表)深城英弘教授が参画する研究グループの論文が、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載されました。フランス・モンペリエ大学、イギリス・ノッティンガム大学、奈良先端科学技術大学らとの国際共同研究で、シロイヌナズナ転写調節因子PUCHIが側根形成とカルス形成において長鎖脂肪酸生合成を制御する ことを明らかにしました。詳しくは こちらのページへ。

2019.6.5

(論文発表)深城英弘教授らの研究グループの論文が、Plant Physiology 誌に掲載されました。中国・福建農林大学、西オーストラリア大学との国際共同研究で、オーキシンを介した器官発生にミトコンドリアピルビン酸脱水素酵素の働きが重要なことを明らかにしました。詳しくは こちらのページへ。

2019.5.30

(論文発表)菅澤薫教授らの研究グループの論文がNature誌に掲載されました。筆頭著者は専攻OBの松本翔太さん(菅澤研、H27修了)です。スイスFriedrich Miescher Institute、東京大学、大阪大学との国際共同研究で、紫外線によってヌクレオソーム構造中に生じたDNA損傷を効率良く見つけて修復するための新たな分子メカニズムを明らかにしたものです。詳しくは こちらのページへ。

過去のニュース一覧