特命教授:川井 浩史 (かわい ひろし)
助教:羽生田 岳昭(はにゅうだ たけあき)
   鈴木 雅大 (すずき まさひろ)

(川井 浩史)学位:理学博士
(羽生田 岳昭)学位:博士(理学)
(鈴木 雅大)学位:博士(理学)

担当授業科目(川井 浩史)

(学部)進化系統学基礎、海洋生物学、生物学演習II、臨海実習I, II、特別研究A,B、公開臨海実習
(大学院)系統分類学特論、生物多様性概論II、生物多様性特論II、論文講究I,II、特定研究I,II、特定研究
(全学共通教育)教養原論「生物の多様性と進化」、生物学III、瀬戸内海学入門

担当授業科目(羽生田 岳昭)

(学部)生物学演習II、臨海実習I, II、特別研究A,B、公開臨海実習
(大学院)系統分類学特論、生物多様性概論I、論文講究I,II、特定研究I,II
(全学共通教育)瀬戸内海学入門

研究の興味

 海の大型光合成生物(植物)である「海藻類」を対象に、その進化・生態・環境保全に関わる様々なテーマで研究を進めている。
 「海藻類」は、沿岸の生態系を構成する最も重要な要素の一つであるが、その生物多様性や進化には未知の部分が非常に多い。たとえば、日本周辺の沿岸は世 界でも最も海藻類の生物多様性の高い地域であり、また海藻類に関する研究は基礎・応用の何れでも世界で最先端のレベルにある。それにもかかわらず日本の周 辺だけでも毎年10種を超える新種が報告されたり、多くの外来種が日本の沿岸に移入・定着している(あるいは日本から別の大陸に移入・定着している)こと が遺伝子解析によって初めて明らかになるなど、新たな発見が相次いでいる。また、海藻類を含む藻類全体の系統分類も、葉緑体の多重共生による進化と多様化 が明らかになったことや、様々な系統群でのゲノム情報が蓄積されてきたことにより、根本的な見直しが行われている。そこで、本研究室では、日本(および世 界)各地での採集や長期モニタリング、蛍光顕微鏡・電子顕微鏡を含む様々な顕微鏡を使った形態観察、DNA塩基配列情報を用いた遺伝子解析と系統地理学的 研究、室内培養による生活史や生理特性の解析などの手法で、海藻類の様々な研究テーマに挑んでいる。また、世界唯一の大型海藻類の系統株保存施設(KU- MACC) として、これらの系統株を生かした研究を行うとともに海藻類の多様性保全に貢献している。

主な研究テーマ

[海藻類全般の進化分類と系統地理に関する研究]
[クロミスタ系統群の細胞構造の進化と系統に関する研究]
[移入海洋生物の遺伝的多様性と生物地理に関する研究]
[沿岸生態系,特に海藻類植生の長期モニタリングに関する研究]
[大型藻類の系統株保存に関する研究]
[藻類を用いた沿岸環境修復に関する研究]
[紅藻の分類学的研究,新種・新産種の記載・報告]

最近の代表的な論文

  • Kawai, H., Suzuki, M., Saunders, G.W., Hanyuda, T. 2019.
    Taxonomic study of the brown algal genus Chorda (Chordaceae, Laminariales) with description of the new species Chorda borealis from Alaska and northern Canada.
    J. Phycol. 54: 509-17. DOI: 10.1080/09670262.2019.1610580
  • Kawai, H., Hanyuda, T., Sun, Z.M, Bárbara, I., Peters, A.F. 2019.
    Taxonomic revision of Eudesme (Ectocarpales s.l., Phaeophyceae) proposing a new species E. borealis sp. nov.
    Phycologia 58: 351–8. 10. DOI: 10.1080/00318884.2019.1578630
  • Kawai, H., Hanyuda, T., Gao, X., Terauchi, M., Miyata, M., Lindstrom, S.C., Klochkova, N.G., Miller, K.A. 2017.
    Taxonomic revision of the Agaraceae with a description of Neoagarum gen. nov. and reinstatement of Thalassiophyllum.
    J. Phycol. 53: 261-70. DOI: 10.1111/jpy.12511
  • Kawai, H., Hanyuda, T., Bolton, J., Anderson, R. 2016.
    Molecular phylogeny of Zeacarpa (Ralfsiales, Phaeophyceae) proposing a new family Zeacarpaceae and its transfer to Nemodermatales.
    J. Phycol. 52: 682–686. DOI: 10.1111/jpy.12511
  • Kawai, H., Miyoshi, K., Hanyuda, T. 2016.
    Taxonomic revision of Papenfussiella species (Chordariaceae, Phaeophyceae) in the Northern Hemisphere.
    Phycologia 55: 308–317. DOI: 10.2216/15-139.1
  • Kawai, H., Hanyuda, T., Draisma, S.G., Wilce, R.T., Andersen, R.A. 2015.
    Molecular phylogeny of two unusual brown algae, Phaeostrophion irregulare and Platysiphon glacialis, proposal of the Stschapoviales ord. nov. and Platysiphonaceae fam. nov., and a re-examination of divergence times for brown algal orders.
    J. Phycol. 51: 918–28. DOI: 10.1111/jpy.12332.
  • Kawai, H. 2014.
    Recent advances in the phylogeny and taxonomy of Laminariales.
    Perspectives in Phycology ISSN 2198-011X (online) 1: 27-40.
  • Kawai, H.,Kitamura, A., Mimura, M., Mimura, T., Tahara, T., Aida, D., Sato, K., H. Sasaki. 2014.
    Radioactive cesium accumulation in seaweeds by the Fukushima 1 Nuclear Power Plant accident – two years’ monitoring at Iwaki and its vicinity.
    J. Plant Res. 127: 23-42. DOI: 10.1007/s10265-013-0603-1.
  • Kawai, H., Hanyuda, T., Ridgway, L.M., Holser, K. 2013.
    Ancestral reproductive structure in basal kelp Aureophycus aleuticus.
    Sci. Rep. 3, 2491. DOI: 10.1038/srep02491. ISSN (online): 2045-2322.
  • Cock, J.M., Sterck, L., Rouzé, P., Scornet, D., Allen A.E., Amoutzias, G., Anthouard, V., Artiguenave, F., Aury, J.M., Badger, J.H., Beszteri, B., Billiau, K., Bonnet, E., Bothwell, J.H.F., Bowler, C., Boyen, C., Brownlee, C., Carrano, C.J., Charrier, B., Cho, G.Y., Coelho, S.M., Collén, J., Corre, E., Delage, L., Delaroque, N., Dittami, S.M., Doulbeau, S., Elias, M., Farnham, G., Gachon, C.M.M, Gschloessl, B., Heesch, S., Jabbari, K., Jubin, C., Kawai, H., Kimura, K., Kloareg, B., Küpper, F.C., Lang, D., Bail, A.L., Leblanc, C., Lerouge, P., Lohr, M., Lopez, P.J., Martens, C., Maumus, F., Michel, G., Miranda-Saavedra, D., Morales, J., Moreau, H., Motomura, T., Nagasato, C., Napoli, C.A., Nelson, D.R., Nyvall-Collén, P., Peters, A.F., Pommier, C., Potin, P., Poulain, J., Quesneville, H., Read, B., Rensing, S.A., Ritter, A., Rousvoal, S., Samanta, M., Samson, G., Schroeder, D.C., Ségurens, B., Strittmatter, M., Tonon, T., Tregear, J., Valentin, K., von Dassow, P., Yamagishi, T., Van de Peer, Y., Wincker, P. 2010.
    The Ectocarpus genome and the independent evolution of multicellularity in the brown algae.
    Nature 465: 617-621.

研究員

  • 神戸大学学術推進研究員
    秋田晋吾

連絡先

建物・部屋番号: 理学部C-216

電話: 078-803-5781

ファックス: 078-803-6698

E-mail: kawai@kobe-u.ac.jp(川井)、hanyut@kobe-u.ac.jp(羽生田)、      mas_suzuki@shark.kobe-u.ac.jp(鈴木)

ホームページアドレス: http://www.research.kobe-u.ac.jp/rcis-kurcis/