教授:井上 邦夫(いのうえ くにお)
助教:松花 沙織(まつはな さおり)

(井上 邦夫)学位:博士(理学)

(松花 沙織)学位:博士(理学)

担当授業科目

(学部)発生遺伝学基礎(井上)、形態形成論(井上)、生物学演習II(井上・松花)、生物学実験IA, IB(井上・松花)、生物学実験IIABC(井上・松花)、特別研究A,B (井上・松花)
(大学院)分子遺伝学特論(井上・松花)、生命情報伝達概論I(井上・松花)、生命情報伝達特論I(井上)、論文講究I,II(井上・松花)、特定研究I,II(井上・松花)、特定研究(井上)
(全学共通教育)生物学A(井上・松花)、生物学実験2(松花)

研究の興味

単 一細胞の受精卵から高度にオーガナイズされた多細胞個体が形成されていく過程には、細胞間のシグナル伝達や遺伝子の転写制御に加え、RNAレベルでの遺伝 子発現制御(RNA情報発現制御)も重要な役割を果たしています。さまざまなRNA情報発現制御システムの研究を通して、動物の発生分化調節機構や細胞環境応答機構を理解し たいと考えています。また、ニワトリ胚やゼブラフィッシュを用い、多分化能・移動能を有する神経堤細胞の運命決定機構の解明にも取り組んでいます。

主な研究テーマ

1) ゼブラフィッシュ生殖細胞形成過程に働くmRNA情報発現制御システム(井上)
  (mRNA局在化、mRNA安定性制御、翻訳制御、microRNA機能)
2) 選択的スプライシングによる時空間特異的、あるいは細胞環境に応答した遺伝子発現制御機構(井上)
3)神経堤細胞の分化運命を決める遺伝子発現制御機構(松花)

最近の代表的な論文

  • Tani-Matsuhana, S., Vieceli, F. M., Gandhi, S., Inoue, K., Bronner, M. E. (2018)
    Transcriptome profiling of the cardiac neural crest reveals a critical role for MafB.
    Dev. Biol. 444, S209-S218. (The Neural Crest: 150 years after His' discovery)
  • Tani-Matsuhana, S.*, Kusakabe, R., Inoue, K. (2018)
    Developmental mechanisms of migratory muscle precursors in medaka pectoral fin formation.
    Dev. Genes Evol. 228, 189-196.
  • Kobayashi, M., Tani-Matsuhana, S., Ohkawa, Y., Sakamoto, H., and Inoue, K. (2017)
    DND protein functions as a translation repressor during zebrafish embryogenesis.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 484, 235-240
  • Yamamoto, K., Furukawa, M.T., Fukumura, K., Kawamura, A., Yamada, T., Suzuki, H., Hirose, T., Sakamoto, H., and Inoue, K. (2016)
    Control of the heat stress-induced alternative splicing of a subset of genes by hnRNP K.
    Genes to Cells 21, 1006–1014
  • Furukawa, M.T., Sakamoto, H., and Inoue, K.  (2015)
    Interaction and colocalization of HERMES/RBPMS with NonO, PSF, and G3BP1 in neuronal cytoplasmic RNP granules in mouse retinal line cells.
    Genes to Cells 20, 257-266.
  • Tani, S., Kuraku, S., Sakamoto, H., Inoue, K., and Kusakabe, R. (2013)
    Developmental expression and evolution of muscle-specific microRNAs conserved in vertebrates.
    Evolution & Development 15, 293-304.
  • Mishima, Y., Fukao, A., Kishimoto, T., Sakamoto, H., Fujiwara, T., Inoue, K. (2012)
    Translational inhibition by deadenylation-independent mechanisms is central to microRNA-mediated silencing in zebrafish.
    Proc Natl Acad Sci USA 109, 1104-1109
  • 井上邦夫 (2016)  熱ストレス応答性のスプライシング制御機構.
    実験医学 34, 3122-3126

連絡先(井上)

建物・部屋番号: 自然科学1号館403号室

電話・ファックス: 078-803-5725

E-mail: kunio@kobe-u.ac.jp

ホームページアドレス: http://www.research.kobe-u.ac.jp/fsci-rna/

連絡先(松花)

建物・部屋番号: 自然科学2号館204号室

電話・ファックス: 078-803-6477

E-mail: tmsaori@port.kobe-u.ac.jp

ホームページアドレス: http://www.research.kobe-u.ac.jp/fsci-rna/