05. 児童発達支援事業所・放課後等
 デイサービス事業所に対する巡回支援活動

この事業は平成26年度後半より、神戸市内における児童発達支援事業所の質を確保する支援システムを構築するために神戸市発達障害者支援センターと連携して開始した活動です。
平成28年度より放課後等デイサービス事業所も支援の対象となりました。
これらの事業所は地域に密接した機関としては重要ですが、医療・療育の専門職種が配置されていないところも多く、発達に問題がある児童・生徒への支援が十分に整備されていないのが現状です。
この事業では作業療法士と福祉職員が連携して、活動内容は各事業所からの相談(事業運営、設備、個別ケースに関する相談など)を受け、直接事業所に訪問して支援を行ったり、事業所スタッフへの研修(年間2回程度)を定期的に実施しています。

 

 

BACK