神戸大学大学院国際協力研究科 国際公務員養成プログラム
Japanese English
  • ホーム > 
  • インターンシップ補助

インターンシップ補助

国際機関写真

  即戦力となることが期待される国際機関での勤務のためには「現場感覚」を身につけている必要性があります。そこで国際機関でのキャリア開拓を目的とするこのプログラムにおいても、国際機関でのインターンシップは中核的な役割を担っています。

  そこで、このプログラムでは、学生が適切なインターンシップ先を開拓する際に手助けになるように、関連情報の提供や先輩達の国際機関インターンシップ報告書などを公開することなどを通じて、側面支援をさせていただいています。研究科が認定する海外インターンシップは、単位にもなります。

 但し、国際機関インターンシップは、競争率の高い難関ですので、ご自身で主体的に動くことが何よりも大切です。

 

国際機関インターンシップに対する財政的補助の可能性

 神戸大学ないし国際協力研究科では、学生の国際機関インターンシップに利用できるような財政的補助がいくつかあります。例えば、神戸大学基金は、毎年、学生の海外派遣を補助するプロジェクトを公募しており、期間に応じて5万円から15万円程度の補助が得られる可能性があります。この公募は、インターンシップ予定年度の前年度12月頃に募集がされ、指導教員が申請書を作成し提出しなくてはなりません。希望される方は、早めに指導教員に連絡を取って下さい。

  また、神戸大学六甲台後援会基金を利用して、国際協力研究科では、比較的長期の在外研究のための旅費・滞在費をサポートしております。外国での研究と国際機関でのインターンシップとをうまく組み合わせて申請することが可能です。これも競争的資金であり、渡航予定年度の前年度3月頃に募集があり、学生自身が研究計画書を提出し、審査の上、派遣の諾否と金額が決定されます。
  他にもダブルディグリー・プログラムへの補助や協定校への交換留学に対する補助をうまく利用して、国際機関インターンシップを行うことも不可能ではありません。掲示される補助要件を確認して検討してみて下さい。 また、欧州連合の関連機関へのインターンシップにご関心があるかたは、EUIJ関西より補助が出ることがあります。下記より詳細を確認下さい。

  •  
  • インターンシップ現場体験記
  • インターンシップ公募情報リンク集
  • EUIJ関係インターンシップ助成