概要

スーパーグローバルハイスクールについて

文部科学省では、高等学校等において、グローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図る「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」事業を平成26年度から開始しています。

本校は平成27年度よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されました。

※スーパーグローバルハイスクール(SGH)の事業の詳細については、文部科学省ホームページをご覧ください。

本校のSGH概要

地球安全保障への提言を目指す「グローバルキャリア人育成神戸モデル」

  1. 目的・目標
    本校は「優れた課題発見力を持ち、世界の中で自己を位置付け、文化理解と行動を踏まえて、国際協力による関係構築を積極的に行おうとする『グローバルキャリア人』」を「グローバル・リーダーと位置付け、その育成を教育目標に掲げています。
    現在のグローバル社会の諸課題を解決するには、「地球安全保障」の実現を図ることが不可欠であり、本事業においては、次の3観点を核として、生徒のグローバルキャリア力を総合的に向上させ、高校生の視点に基づく「地球安全保障への提言」を発信します。
    ① 課題研究を核とする教科横断型体系的グローバル人材育成カリキュラムの開発
    ② 国内外での圧倒的なグローバルアクションプログラムの実施
    ③ 高大一体による実践を支える確かな調査研究の推進

    これによる『世界の課題を自ら発見・探究し、具体的な解決を提案できる次代を担う人材を育成する「グローバルキャリア人育成神戸モデル」の開発』を、本事業の目的とします。
  2. 現状の分析と研究開発の仮説
    本校は「ユネスコスクール」並びに「SGHアソシエイト校(平成26年度)」としてグローバル教育に注力しており、神戸大学との緊密な連携をその最大の特徴としています。これまでの教育実践並びに生徒のアンケート調査等の結果、「総括的取組が不明確」、「高次元の指導体制や発表形態の整備」、「教科教育改革」、「各種事業の整除」といった課題が明らかになっています。
    そこで、次の3点を本研究開発の仮説とし、「グローバルキャリア人育成神戸モデル」の開発によってグローバル・リーダーが育成され、これらの課題が解決できると考えました。
    ① 「地球の安全保障」をキーワードに、「課題研究」Ⅰ(4年)-Ⅱ(5年)-Ⅲ(6年)として系統的に実施し、高次の課題発見力及び国際対話力を育成する。
    ② カリキュラム再編をとおして、グローバルキャリア人に必要な文化理解・幅広い教養を含む資質・能力・技能を育成する。
    ③ 神戸大学や国際専門機関等の多彩な支援を得ながら、高大一体運営の下で、各種事業を推進する。
  3. 成果の普及
    SGHホームページを開設するとともに、本校文化祭等での発表・展示に加え、本事業の各種グローバル事業や公開研究会等における発表及び報告書の作成・送付による成果の普及を行います。
    さらに、神戸大学との連携により、大学ホームページへの掲載、海外交流行事及び学園祭等での発表、オープンアカデミーでの展示等による成果の普及に取り組みます。

課題研究について

  1. 課題研究内容
    ○ 全体テーマ
    「神戸から発信する『地球の安全保障』への提言」
    ○ 研究領域
    「震災・復興とリスクマネジメント」
    「国際都市「神戸」と世界の文化」
    「提言:国際紛争・対立から平和・協力へ」
    「グローバルサイエンスと拠点都市『神戸』」
  2. 実施方法・検証評価
    ① 「課題研究」
    「課題研究Ⅰ」ではグループ研究による研究基礎力の養成に取り組み、「課題研究Ⅱ・Ⅲ」では個人研究による課題の探求、個人論文並びに英文サマリーの完成及びプレゼンテーションを行うとともに、3年間を通して「課題研究アクションプログラム」と連動することにより、地球の安全保障に関する認識の深化を図ります。
    ② 「課題研究アクションプログラム」
    研究意欲の向上並びに国内外の高校生との交流の促進を図るとともに、課題研究の成果を発表する場として国内外でのワークショップ並びにフォーラム等を開催します。特に「高校生グローバルフォーラム」は、本事業の総括的取組として、EUやASEAN等の世界の地域連合をテーマに、企画・交渉から開催まで生徒自身の手で実現させることで、「グローバルキャリア力」習得の集大成とします。
    ③ 「課題研究を支える学校設定科目等」
    課題研究を高いレベルで実施するために、学校設定科目「国際理解」及び教科「ESD」を教育課程に設けます。
  3. 必要となる教育課程の特例等
    ① 学校設定科目『国際理解』の設置
    本事業における「課題研究」の総合化を図るため、現行の「現代社会」2単位のうち1単位を削減し、1単位科目「国際理解」を設置します。
    ② 教科『ESD』の開設
    生徒の理解促進を図るため、各教科等で取り扱われているESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)の内容を合科的に学ぶ教科「ESD」を開設します。

課題研究以外の研究開発について

  1. 教育課程の整備
    教科の枠を超えた領域の編成、教科目標の再設定及び共同探究学習方法による授業改革を進め、「グローバルキャリア力」育成の一層の推進を図ります。
  2. 英語教育改革
    授業の高度化、外国人との交流機会の増加及び英語による研究発表による改革を継続的に実施し、世界に発信できる英語力を習得させます。
  3. 「グローバル・リーダー育成」に関する環境整備、教育課程外の取組
    ○ 課外活動の再編・体系化
    宿泊行事や交流活動等が「グローバルキャリア力」の養成に寄与するよう、課外活動を見直し、体系的に再構成します。
    ① KMGCグローバルキャリア研修旅行
    生徒の発達課題を踏まえ、日本の歴史・伝統文化への理解促進に資する「グローバル&ローカル」な視点を盛り込んだ宿泊行事を実施することにより、グローバルシティズンシップの育成を図ります。
    ② KMGC異文化交流事業
    帰国生並びに留学生の受入れ等により異文化理解交流を日常的に促進するとともに、オックスフォード大学並びにケンブリッジ大学の学生との交流ではグローバルな課題について学習します。 
    ③ KMGCグローバルセミナー
    グローバル人材に必要な教養及び資質の形成に資するセミナー(3形態:基礎/リーダー/連続リレー)を開催します。
    ④ KMGC国際交流ワークショップ
    地球規模の課題等に関するワークショップを充実・発展させ、「神戸大学留学生」及び「JICA研修生」と英語で議論します。
    ⑤ KMGC自治組織
    生徒の自発性の涵養、将来像の明確化に資するため、生徒会の下部組織として「グローバルキャリア局(Global Career Committee)」を創立し、トップリーダー育成の場とします。
    ⑥ 進路相談体制の整備
    留学や海外大学への進学など、生徒のグローバルキャリアデザインの支援体制を整備します。
    ○ 神戸大学との「グローバル選抜」による高大接続研究
    神戸大学主体の高大連携・接続の在り方に関する研究を行い、本事業の深化・発展及び地域教育の推進に寄与します。

SGH概念図

画像をクリックすると拡大します。

SGH概念図(PDF)

TOP