2018年度学校だより

学校行事

神戸大学day

概要:5月22日(火)午後 
本校にて、神戸大学dayが実施されました。
神戸大学の10学部の先生方に来校していただき、4・5年生が模擬授業を体験しました。


【全体会】
神戸大学理事より神戸大学の概要説明と新しい入試制度『志』についての説明がありました。

今年4月から神戸大学医学部医学科に通う、本校卒業生より大学生活について話がありました。






文学部

小山啓子 先生
  国際人間科学部
環境共生学科

太田 和宏先生
国際人間科学部
子ども教育学科

北野 幸子先生
法学部

樫村 志郎先生
  経済学部

水野 倫理先生
  経営学部

梶原 武久先生
  農学部

星 信彦先生
  理学部

小堀 康博先生
  医学部保健学科

上杉 裕子先生
  工学部

谷 明勲先生
  医学部医学科

勝二 郁夫先生
  海事科学部

石黒 一彦先生

充実期歓迎登山

概要:4月27日(金)に充実期(34年生)の生徒で歓迎登山を行いました。


34年生が,王子スタジアム前から市立自然の家まで約5.5kmを歩いて,1年生を迎えに行きました。途中,六甲全山縦走路も通りました。


対面式



充実期代表生徒挨拶
「協力して,みんなで安全に下山しましょう。」
   1年生代表生徒挨拶
「先輩方,自然の家まで迎えに来てくれてありがとうございます。」
   新入生オリエンテーション合宿を支えてくれた4年生生徒
対面式の後,3学年で小グループを作り王子スタジアムに向かいました   

第10回入学式開催される

概要:第10回入学式が、神戸大学六甲台講堂で催されました。藤田 神戸大学理事・副学長をはじめとする多くの来賓と200名に及ぶ保護者の方々から祝福を受けた121名の10期生が、入学を許可され本校の一員となりました。4年生のリーダー諸君による式の説明や誘導、コーラス部の校歌紹介など、6年一貫校ならではの式となりました。

神戸大学 六甲台講堂

福田理事・副学長の来賓挨拶

新入生呼名

新入生代表の誓いの言葉

4年生のリーダーによる誘導

コーラス部の校歌紹介
式辞(pdf) 新入生代表の誓いの言葉(pdf)

kobeプロジェクト

学年

2学年(8回生)3月16日「がん教育」の授業が行われました。

概要:3月16日(金)8回生を対象とした「病理学実習」が行われました。
■実際の“がん”を顕微鏡で見てみよう。
安原 裕美子先生(近畿中央病院)
“がん”を診断するにあたっての基礎を学びました。

  3つの理科室に分かれて双眼顕微鏡やデジタルスライドを使って、7つの正常細胞とがん細胞の違いを観察し、スケッチしました。

  今回の実習で感じたことを小集団で話し合いました。


  最後に、感じたことをシェアリングしました。
本校と神戸薬科大学が、連携して取り組んでいる「がん教育」の一環で実施されています。

フェアプレイスクール2017

概要:11月27日(月)に,8,9回生を対象とした「フェアプレイ教育」が行われました。
講師紹介:杉本美香氏
柔道(ロンドンオリンピック銀メダル,2010世界選手権金メダル)
代表生徒によるフェアプレイ作文朗読


  杉本先生に講評をしていただきました。
杉本先生の体験に基づいた講話をしていただきました。
  銀メダルを触らせていただきました。
生徒感想:とっても重かったです。このような貴重な体験ができて嬉しかったです。
  スポーツ体験授業をしていただきました。
生徒感想:すごい。としか表現できません。
  生徒感想:(何が起こっているか分からず)びっくりしました。
  礼に始まり礼に終わる。
柔道を通して,フェアプレイを教えていただきました。

  記念写真撮影(9回生)
  記念写真撮影(8回生)
杉本先生から学んだフェアプレイの精神を全校生徒に伝え,学校で共有していきたいと思います。
杉本先生,ありがとうございました。
「フェアプレイで日本を元気に」キャンペーンに理解のあるトップアスリート・元トップアスリートを小・中学校へ派遣し,フェアプレイの精神を広めることを目的として実施されているプログラムです。(日本体育協会主催)

1学年(9回生)11月8日「がん教育」の校外学習が行われました。

概要:11月8日(水)神戸薬科大学にて,9回生を対象とした「がん教育」の校外学習が行われました。
授業を始めるに当たり,神戸薬科大学の学生の重松さんが,葉っぱのフレディを朗読して下さいました。朗読を通して「生きることはどういったことだろう」と考えました。
  ■いのちの授業 横山 郁子先生(神戸薬科大学薬学臨床教育センター)
本当に大切なものは何かを考えると共に,感謝の大切さを学びました。
生徒の感想
○自分の大切なものについてしっかり考えることができたのでよかった。この学習は今後も続けてほしい。
○いのちの授業は,本当にためになりました。
  「大切な人」「大切な物」「形のある大切な物」「形のない大切な物」を考え,カードに書きました。
  「いのちの授業」を受けて感じたことを,5~6人の小集団で話し合いました。

  実物投映機(書画カメラ)を使用して,シェアリングを行いました。
  3週に渡って行われた授業についてふり返りました。
生徒の感想
○「いのち」についての考え方が変わりました。
○先生方の講義から,新しいことを感じる事ができました。
○この学びをほかの人にも伝えるべきだと思いました。
  3週に渡って行われた「がん教育」について,神戸薬科大学の学生さんからもお話をしていただきました。
 午後からは,キャンパス見学をさせていただきました。
   
薬学臨床教育センター 11号館6階調剤室見学
散剤の計量調剤を見学させていただきました。
   水剤の計量調剤を体験させていただきました。
  薬用植物園見学
植物園について説明をしていただきました。
 
様々な植物について説明していただきました。
 オナモミで楽しめるのは,いまも昔も変わりません。
3週に渡り,神戸薬科大学の先生および学生,本校教員による「がん教育」が行われました。
1週目,主題:がんの正しい知識
ねらい:がんに対する視野を広げることができる。
2週目,主題:自分らしい生き方とは何か?
ねらい:健康とは何か。がんにかかると健康ではないのか。について考えることを通して「完全な状態」が健康であるという概念を捨て,病気や老いなども含め,多様性を認めることができる。
3週目,主題:いのちの授業
ねらい:いのちの大切さを実感することができる。今,手にしているものに対して感謝することができる。

がん教育プログラム実施にあたり,ご協力いただきましたみなさまに,この場をお借りしまして感謝申し上げます。

2学年(8回生)国立民族学博物館フィールドワーク

概要:11/7(火)に、2年生が吹田市の国立民族学博物館にてフィールドワークを行いました。「文化とは何か」という学年全体の巨大な問いについて、各個人が細分化した小さな問いを立て、その答えを各自で探してきました。最初に研究員の方の講話を聞いたあと、各個人で展示を見学し、プレゼンテーションのスライドに使えそうな写真を撮影してきました。

1学年(9回生)11月1日「がん教育」の授業が行われました。

概要:11月1日(水)1~3時間目に,9回生を対象とした「がん教育」の授業が行われました。
講演を受ける前に,「健康って何?」について,小集団で考えました。
若年性がん体験者の方からお話を聞きました。
 若年性がん体験者の方からお話を聞きました。
講演を聞いて感じたことを個人思考した後に,小集団内で共有しました。
   もう一度「健康って何?」という内容について,小集団で話し合い,考えを深めました。
   最後に,小集団で定義付けした「健康」について発表を行い,クラス内で共有しました。

生徒の意見:講演を受ける前は,病気でないことなどが,健康と考えていましたが,講演を受けてからは,前向きに生活するなど,精神的なものが健康な生活を送るために大切なものになるということを感じました。

この授業は、平成29年度近畿国立大学附属学校連盟(幼小中高)保健体育部会の公開授業となっております。

1学年(9回生)10月25日「がん教育」の授業が行われました。

概要:10月25日(水)1~3時間目に,9回生を対象とした「がん教育」の授業が行われました。
■がんの正しい知識 河内 正二先生(神戸薬科大学薬学臨床教育センター)

■がんの正しい知識 河内 正二先生(神戸薬科大学薬学臨床教育センター)
内容1.がんについて(種類、発生メカニズム等)
2.がんの治療法
3.がんと向き合う
4.がんを防ぐために
生徒の感想から
○ニュースで、「がん」と聞くけれど、そのがんは、約60種類もあるということを聞いてびっくりした。
○がんの治療法の種類が増え、がんの種類・症状の重度、患者さんの体に合わせた最適な治療法を実施することができると聞いて安心した。研究が年々進んでいるのにがん患者数が一向に減らないことが疑問に残った。
○がんは遺伝するのかなと思っていたけれど、今回の講義で、その確率は、低いと分かり、今まで以上に生活習慣を大切にしないといけないということを改めて感じました。
  講義を聞いて感じたことを小集団で話し合いました。
気付いたこと・感じたことを付箋に記入しました。
 
   グループ分けを行い,分けられたグループごとに名称を考えました。
   小集団で、お互いの関係性を考えながら、模造紙にまとめました。
  最後に,小集団での活動内容について発表を通してクラス内で共有しました。
この小集団は、分類分けしたグループの関係性をアイランド型にまとめました。
   この小集団は、分類分けしたグループの関係性をツリー型にまとめました。
 この小集団は、メンバー独自で考えたジャガイモの根型にまとめました。

講義内容を題材に、小集団でシェアリングを行う中で、理解できなかった内容を生徒間で教え合う姿や、教員に質問する姿がありました。
お互いのグループの関係性を考えることにより、講義の内容について理解を深めました。そして、クラスに発信することで、さらに生徒の理解は深まりました。

2学年(8回生)校外清掃

概要:台風21号の影響により、校外は枝や葉などが、散乱している状態でしたので、10月23日(月)6校時LHRの時間で、校外清掃を行いました。校外に散乱している落ち葉や枝などを協力して、回収しました。回収したごみ袋は、数十袋となりました。

   
 

SGH

カナディアン・アカデミィ(CA)との交流1 兎原祭

概要:5月20日(日)の本校の兎原祭に、交流を続けているカナディアン・アカデミィが、本年も来校しました。先生2名、生徒22名が参加され、日本の学校文化である文化祭(兎原祭)を堪能されました。本校の生徒とのランチタイムの交流を中心に親交を深めました。昨年も相互の授業参加や協議会を実施しましたが、そこに参加していた生徒たちは、互いに顔なじみになって、交流がしやすくなっています。


教室での催しに参加するCA生徒1

教室での催しに参加するCA生徒2

ランチ交流 グループごとにランチを取りながら、
交流しました。

カナディアン・アカデミィの参加者
参加者(カナディアン・アカデミィの生徒)の感想
高等部・女子
Today I visited Kobe University Secondary School for the annual school festival. It was the first time I visited a bunkasai (文化祭), a Japanese secondary school festival, so I was thrilled by its energy coming from the students.

The biggest difference between a Japanese school festival and the school festival (Food and Fun Fair) at our school is how much of the event is student-led. In a Japanese middle/high school, each class is responsible for a booth, which can be a game or a food booth, whereas in CA, the main people working for the booths are the PTA. I also found the use of the entire campus very interesting. Most of the booths used classrooms, which allowed various types of activities such as a haunted house, indoor mazes, and cafes with concepts. I enjoyed seeing the entire school community coming to a whole to make the festival happen. All students had a role in the festival through working in booths, selling tickets, guiding guests, and also performing. The festival was definitely a festival that is led by the students’ energy.
I wish to be able to visit next year as well, to again see the amazing school festival and most of all, the great effort of the students and the entire school community.

高等部・男子
This was my second time going to the festival, and every second I spent there was priceless. From experiencing a Japanese school festival, I was able to observe substantial numbers of differences from what we do in CA. While CA conveys cultural diversity and internationalism through events such as food and fun fair, I felt like KUSS’ school festival displayed more unity, and teamwork throughout all the booths and performances that were delivered.

These 2 aspects are implications that help enhance the quality of both festivals, and interactions with KUSS make me realize how the qualities from both schools can be incorporated when thinking of improvements and changes our school can make.

日本物理学会第 14 回 Jr セッション参加

カナディアン・アカデミィとの交流⑷

概要:3月26日[月]にカナディアン・アカデミィ(CA)を訪問し、CA生徒と本校生徒が、この1年間の交流を振り返り、「School Culture」をテーマに協議し、交流のまとめをしました。
交流内容:
⑴自己紹介 4グループ(本校2名CA2名で1グループ)に分かれて簡単な自己紹介 
⑵協議:
 テーマ1 グループ協議 交流で気付いたCAと附属の学校生活の共通点・相違点
 テーマ2 全体協議 交流で確認できなかった項目について、両校で説明(プレゼン3分)と質疑
       「体育祭・スポーツデー」「テスト」「部活」「修学旅行」     
 テーマ3 全体協議 交流で感じたこと、分かったこと
⑶ランチタイムの交流
 本校生徒およびCA生徒全員  
 使用言語:英語

生徒感想
3年女子
Reflection on the Canadian Academy school exchange program
After experiencing the school exchange program, I thought it was a great experience. I want other students to participate in this program because it doesn’t take much of your time and you meet many new people. You could also take in new ideas from students with international backgrounds.
Today I learnt that there are more differences between Canadian academy and Kobe University Secondary School than similarities. The only similarities we had were the rules on our P.E. clothes where we have to where clothing designated from our school. I was shocked about the differences of our two schools. I find out that Canadian academy only has one exam out of the whole year. Instead they have two types of tests that test you on your creativity. One type is the summative test and the other is the formative test. I was interested in the formative tests
because CA students have their own blogs and they use that to post what they did on that specific subject. I think this experience helped me learn the differences between international schools and Japanese schools, it also helped me find out the good points and the points I thought that weren’t good about my school. In all this is an experience I recommend to every student.

3年男子
この交流は、本校の学校生活を客観視し、改善点を見つけるのに役立ちました。
カナディアンアカデミーは本校と大きく異なる様式をとっていました。
例えば部活動に着目すると、本校の部活動は、多くの生徒が一つの活動に打ち込むのに対し、カナディアンアカデミーではシーズンごとに部を変えるという差がありました。この相違点は、一つのことに打ち込むことと、様々なことを経験することのどちらが良いのかを考えるきっかけになりました。
カナディアンアカデミーの長所と本校を比較し、互いの長所を融合して、より高質な学校生活を作れればという思いを抱きました。


4年女子
I would like to write about two points especially what I felt through this project.
First, the deference between CA and our school.
When I first visit CA, I felt like I was visiting abroad.
Their school is very spacious and facilities are substantial. For example, they have cafeteria and gym. Those things are not in our school. And of course, students speak English fluently. I also could find difference about the sports day. In our school, one of the reasons for holding sports day is to give us a sense of responsibility and solidarity. So we practiced a lot to align our movements. However, CA holding the sports day to have exchanges beyond grade. So they don’t practice and held it in a warm atmosphere. I learned that the purpose of the event is different by the school.
Second, the similarity between CA and our school.
At CA, Individuals have clear goals and each student was acting with autonomy. And our school motto is autonomy too. Both school events are managed by students. I felt an affinity with it.
Through the exchange of this year, I was able to receive a good stimulus and was able to widen the field of view. I would like to apply what I have learned to the future.


グループ協議 
交流で気付いたCAと附属の学校生活の共通点・相違点をお互いに発表する。
全体協議
「体育祭」について説明する。
       
全体協議
CAから、「スポーツデー」について説明を受ける。
全体協議
「部活」について説明する。
   ランチタイムの交流
ピザ等を食べながら、交流を深める。


   CAの食堂で、記念写真

東京での EU 研修

宮城県多賀城高等学校とSGH報告会における合同発表を実施し,神戸街歩きフィールドワークを行いました.

「イザ!美かえる大キャラバン!2018」に参加しました.

即興型英語ディベート 全国大会に 3 チーム 10 名が出場しました .

神戸コミュニティフォーラム 2018 に参加しました .

KOBE COMMUNITY FORUM2018への参加

概要:神戸市が主催する「神戸コミュニティフォーラム2018」に参加いたしました。カナディアン・アカデミーの生徒と合同でプレゼンテーションを行いました。

プレゼンテーションの内容:
本校とカナディアン・アカデミーの交流についてプレゼンテーションを行いました。授業や学校生活など、異なる文化を持ち合わせた学校が存在する神戸市で、お互いの学校をより良いものにするために、自分たちにできることを探っています。

リンク:
カナディアン・アカデミー
http://www.canacad.ac.jp/
神戸市「神戸コミュニティ・フォーラム2018」
https://atroianos.wixsite.com/kobecommunityforum/copy-of-2017-18-kobe-community-foru

CA: For our presentation on improving Kobe and making it a more healthy, socially-connected and resilient place for everyone, we would like to talk about the exchange program between Canadian Academy and KUSS.

KUSS: We began our relationship three years ago. And each year, our ties grew stronger and stronger through various activities.
CA: CA students have visited “Bunkasai”, the Cultural Festival at KUSS. In return, we have invited our KUSS friends to our annual Food and Fun Fair.

KUSS: Also, we have already visited each other’s schools to observe the learning environments.
KUSS: Second, let me talk about school exchanges. On September 21st KUSS students went to Canadian academy to take classes and to interact with CA students.

KUSS: After experiencing the school exchange we thought CA was more creative than KUSS because in one of the classes we took, we did improvisational theater. KUSS doesn’t have a subject called “drama” so it was refreshing.
KUSS: Through these exchanges, we had several topics we would like to think more. We are planning to have a discussion on some of the topics on the 26th of March. One of the topics we found interesting is about club activities. If you go to KUSS usually you belong to one club until you graduate but in CA you change clubs every season. So we wondered which is better? Concentrating on one thing or experiencing several activities. We are looking forward to discussing on this in March.

KUSS: After taking each other's classes we thought there are more pros than cons to the school exchange program. We thought the pros of the school exchange program is that students find out the good qualities and the bad qualities of their school. By knowing the good and bad both schools can adopt the qualities they thought were good. By doing so we can improve both schools.

部の活動

後期 男子硬式テニス部 平成29年度兵庫県公立高等学校テニス大会の男子団体戦において, 優勝しました。

11/23(木・祝)にしあわせの村テニスコートにて行われました平成29年度兵庫県公立高等学校テニス大会の男子団体戦において, 優勝しました。あわせて, 1/5(金),6(土)にマリンテニスパーク北村にて行われる第15回近畿公立高等学校テニス大会に兵庫県第一代表として推薦されました。これからも応援よろしくお願いします。

その他

神戸大学農学部実施のGAP

日本フェアプレイ大賞2018受賞

概要:4月4日(火)に日本フェアプレイ大賞2018表彰状贈呈式が行われ、本校3年生が大賞を受賞しました。
表彰状贈呈式が行われた岸記念体育会館(東京都)
  「フェアプレイで日本を元気に」フェアプレイの精神を広めることを目的として実施されています。
日本フェアプレイ大賞は,スポーツに関するフェアプレイのエピソード作文を募集し、優秀な作品を表彰するものです。
元バレーボールアメリカ代表選手であり日本スポーツ協会常務理事のヨーコゼッターランドさんがプレゼンターとして表彰状贈呈式に参加して下さいました。
  表彰状贈呈式 
   プレゼンターのヨーコゼッターランドさんと
この授賞式についての記事は、以下サイトにてご覧になれます。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040300956&g=spo

「学研・進学情報」誌に情報科の授業実践が掲載されました

TOP