学校概要

沿革

昭和22年4月1日
新学制実施。兵庫師範学校男子部附属中学校として附属小学校内に開設。
昭和22年5月5日
開校式。第1回入学式。
昭和24年11月1日
神戸大学開学式。神戸大学兵庫師範学校男子部附属中学校と改称。
昭和25年5月31日
神戸大学兵庫師範学校附属住吉中学校と改称。
昭和26年4月1日
神戸大学教育学部附属住吉中学校と改称。
昭和28年10月11日
新校舎落成式(第4棟校舎、附属小学校地内)。
昭和32年5月6日
創立10周年記念式典。
昭和33年7月11日
プール竣工式。
昭和42年5月6日
創立20周年記念式典。
昭和44年5月1日
新校舎完成。移転完了。
昭和45年4月1日
帰国生徒学級設置。
昭和45年9月1日
新校舎・体育館竣工記念式。
昭和47年9月25日
新校舎(東棟)完成。
昭和51年5月17日
学級園・前庭完成。
昭和52年11月27日
創立30周年記念式典。
昭和55年3月15日
管理棟完成。
昭和60年12月20日
新プール竣工。
昭和62年11月20日
創立30周年記念式典。
平成4年10月1日
神戸大学発達科学部附属住吉中学校と改称。
平成7年1月17日
阪神淡路大震災、東棟被災・解体。
平成7年2月1日
神戸大学発達科学部において授業再開。
平成7年4月1日
学校再開。
平成8年3月31日
震災復興新校舎(東棟)完成。
平成9年11月1日
創立50周年記念式典。
平成11年6月30日
太陽光発電設備完成。
平成19年7月11日
校舎耐震化工事着工(平成20年3月31日工事完了)。
平成21年4月1日
神戸大学附属住吉中学校と改称。
平成21年4月1日
神戸大学附属中等教育学校開校。
平成23年3月31日
神戸大学附属住吉中学校閉校。
平成23年7月18日
校舎改修工事着工(平成23年9月18日工事完了)。
平成24年1月18日
神戸大学110周年 附属中等教育学校校舎改修記念式典。

校旗・エンブレム

校旗

エンブレム

3つの星は、神戸大学の精神である「真摯・自由・共同」を表しています。
また、神戸の象徴である海・山・灯台などを連想させ、”市民性””光・輝き”などといった意味を含んでいます。

制服

このページは準備中です。

校歌

作詞・作曲 校歌制作実行委員会
編曲 田村 文生

  1. 朝の光につつまれて  我らは集う中等に
    世界見渡すその瞳  素直な心持ち続け
    心豊かな人となれ
  2. 果てなく続く友情を  ともに支える中等に
    きらめく水辺の若草よ  みなの笑顔がそこにある
    友を思う人となれ
  3. 大地にきざむ道しるべ  明日へ飛び立て中等生
    無数の夢を胸にだき  未来を担う若者よ
    光輝く人となれ

経営方針

このページは準備中です。

生徒概要、教職員概要

生徒概要

本校は六年一貫教育を行う中等教育学校です。

  学級数 生徒数 うち帰国生徒数
1年生 4 134 12
2年生 3 120 10
3年生 4 135 18
4年生 5 175 24
5年生 5 177 20
6年生 5 161 7
29 902 91

教職員概要

校長 1 時間講師 15
副校長 2 ALT 1
事務長 1 スクールカウンセラー 2
主幹教諭 2 司書補佐員 2
教諭 52
技能補佐員 2
養護教諭 2 国際交流アドバイザー 1
栄養教諭 1 事務補佐員 3
事務職員 3 調理員 3

学校経営計画

平成28年度 学校経営計画は「こちら」をご覧ください

平成27年度 学校経営計画は「こちら」をご覧ください

校務分掌

学校評価

平成28年度学校評価(生徒・保護者)アンケート結果は「こちら」をご覧ください。

平成27年度学校評価(生徒・保護者)アンケート結果は「こちら」をご覧ください。

平成26年度学校評価(生徒・保護者)アンケート結果は「こちら」をご覧ください。

平成25年度学校評価(生徒・保護者)アンケート結果は「こちら」をご覧ください。

平成24年度学校評価(生徒・保護者)アンケート結果は「こちら」をご覧ください。

授業評価

平成29年1月23日

平成28年度 授業評価の結果について

神戸大学附属中等教育学校
 校長 藤 田  裕 嗣

 今年度の授業評価結果の集約が完了いたしましたので、本校のホームページを通じて御報告させていただきます。また、生徒に対しましては、授業を通じて教科担任より授業評価に対するコメントと今後の改善策につきまして説明させていただきます。
 今年度は全アンケート項目の総評価平均が3.2(4点満点)で昨年と比べて0.1ポイントのアップ(100点満点に換算すると2~3点の上昇)になりました。2・3・4年「学力(思考力・4技能)がついた」2・3・4・5年「工夫が感じられる授業」2・4年「共に学びあえる授業」等の項目で上昇しています。いっぽう,後期課程を中心に課題の多い結果となりました。
 本校は「学校経営計画」の項目1に「授業改善 全専任教員は授業アンケートを年度途中に実施し,評価3.0以上を実現する。」と目標を設定し取組みました。昨年度より改善はしましたが,74授業中11授業(特に5年は18授業中7授業)で目標を達成できませんでした。
 一般に学年が上がる(生徒の成長や内容の高度化)につれ評価は下がる傾向にありますが、結果は真摯に受け止めなければと思っております。引き続き「授業力向上委員会」を中心に授業改善に取組む予定です。

1 全般的な概況について

【授業評価概況】上段:評価点(4点満点) 下段:昨年との差異

 質問項目

1

2

3

4

5

総平均

Q1授業には積極的に取り組めた。 

3.44

3.42

3.29

3.17

3.07

3.28

0.00

0.09

0.11

0.08

-0.01

0.05

Q2与えられた課題はこなすことができた 

3.53

3.55

3.41

3.21

2.99

3.34

-0.06

0.14

0.16

0.05

-0.07

0.04

Q3授業に興味が持てた。 

3.37

3.27

3.15

2.99

3.01

3.16

0.04

0.13

0.09

0.09

0.11

0.09

Q4授業を通して学力(思考力等)が身についた。(授業を通して技能などが身についた。) 

3.37

3.33

3.12

3.02

2.93

3.15

0.02

0.20

0.16

0.21

-0.02

0.11

Q5工夫が感じられる授業だった。 

3.23

3.28

3.11

3.04

2.95

3.12

0.03

0.23

0.12

0.20

0.13

0.14

Q6生徒が共に学びあえる授業だった。 

3.33

3.37

3.14

3.12

2.91

3.17

0.00

0.31

0.09

0.30

0.07

0.16

Q7授業に満足している。 

3.40

3.45

3.22

3.11

3.09

3.25

0.00

0.22

0.08

0.18

0.09

0.11

項目平均 

3.38

3.38

3.21

3.09

2.99

3.21

0.00

0.18

0.12

0.15

0.04

0.10


 
2 評価値3・0未満の教科・科目の数

   学年   総項目数  3.0未満2.7以上  2.7未満
評価平均  授業数  %  項目数
 % 授業数  %  項目数  % 
 1年  3.4
0/12 7/84  8.3  0/12 0/84 0
 2年  3.4
1/14 7.1  8/84  9.5  0/12 1/84 1.2
 3年  3.2 2/15
13.3  12/105  11.4  0/15 4/105 3.8
 4年  3.1 1/15 6.7  18/105  17.3  1/15 6.7  5/105
4.8
 5年  3.0
7/18 38.9  43/126  34.1  1/18 5.6  11/126 8.7


3 各授業に関して
 次に学年別教科別の授業評価を掲載しています。
   平成28年度授業アンケートの結果は「こちら」をご覧ください。



平成27年度 授業評価の結果について

神戸大学附属中等教育学校
 校長 船 寄  俊 雄

 早春の候、日頃から本校の教育活動に御理解、御協力をいただきありがとうございます。
 さて本校では、中等教育学校の設置以来、授業の質的向上に努め、その一環として生徒による授業評価を実施してまいりました。今年度の授業評価結果の集約が完了いたしましたので、本校のホームページを通じて御報告させていただきます。なお、6年生につきましては実施時期の関係から、授業評価を実施できませんでした。また、生徒に対しましては、授業を通じて教科担任より授業評価に対するコメントと今後の改善策につきまして説明させていただいております。
 昨年度は一定の改善が進んだ授業ですが、今年度は全アンケート項目の総評価平均が3.1で昨年と比べて不変でした。学年別では1年で0.1ポイントアップ、4年で0.2ポイントダウンとなりましたが、後期課程を中心に課題の多い結果となりました。一般に学年が上がる(生徒の成長や内容の高度化)につれ評価は下がる傾向にありますが、結果は真摯に受け止めなければと思っております。
また本年度は「学校経営計画」の項目1に「授業改善 全専任教員は授業アンケートを年度途中に実施し,評価3.0以上を実現する。」と目標を設定し取組みましたが、64授業中20授業で目標を達成できませんでした。次年度「授業力向上小委員会」を立ち上げ、授業改善に取組む予定です。

   <総評価平均と3.0未満授業数>

   27年度
総平均
 26年度
総平均
 開講
授業数
 3.0未満
授業数
 1年  3.4
3.3  10 
 2年  3.2
3.2  14 
 3年  3.1 3.1  13 
 4年  2.9 3.1  13 
 5年  3.0
3.0  14 
 総合  3.1
3.1  64  20 


 なお、学力差の比較的大きくでる教科・科目につきましては、一般的に評価が低くなる傾向がありますので、その点を踏まえて御覧いただければ幸いです。

平成27年度授業アンケートの結果は「こちら」をご覧ください。

平成26年度 授業評価の結果について

神戸大学附属中等教育学校

 校長 船 寄  俊 雄

 日ごろは本校の教育活動に御理解、御協力をいただきありがとうございます。
 さて、本校では、中等教育学校の設置以来、授業の質向上に努め、その一環として生徒による授業評価を実施してまいりました。今年度の評価結果の集約が完了いたしましたので、本校のホームページを通じて御報告させていただきます。なお、6年生につきましては実施時期の関係から、今回、授業評価を実施できませんでした。次年度以降改善を図りたいと思います。
 また、生徒に対しましては、授業を通じて教科担任より授業評価に対するコメントと今後の改善策につきまして説明をさせていただく予定です。
 教科・科目によって異なりますが、昨年度と比較して、次のように全体としては授業の改善が進んでいます。

Q7「授業に満足している」
 25年度  総肯定的評価(回答1・2):総否定的評価(回答3・4)
      前期課程 78.4:21.6  後期課程 74.1:25.9
 26年度  総肯定的評価(回答1・2):総否定的評価(回答3・4)
      前期課程 89.7:10.3  後期課程 85.5:14.5

なお、学力差の比較的大きくなる教科・科目につきましては、一般的に評価が低くなる傾向がありますので、その点を踏まえて御覧いただければ幸いです。
 平成26年度授業アンケートの結果は「こちら」をご覧ください。

 平成25年度春学期授業アンケートの結果は「こちら」をご覧ください。

いじめ防止基本方針

いじめ防止基本方針は「こちら」をご覧ください

附属学校再編計画

神戸大学では、幼少期から大学院までの各段階において、これからの国際社会のモデルとなる初等・中等・高等教育の革新を実現するため、附属学校部の再編を進めています。
神戸大学附属学校再編計画の詳細はこちら。(神戸大学附属学校部のページにリンクしています。)

TOP