高大連携

(1)神戸大学との主な連携事業

☆ 神戸大学day
神戸大学全体及び各学部・研究科のガイダンスや講義を実施することにより,神戸大学への理解を深め,進路先として意識することを目的に実施しています。3・4年生は,自分の進路選択・課題研究の参考とします。
講義の前に,神戸大学理事・副学長による神戸大学の紹介が行われます。

☆ 教育実習生の受け入れ
神戸大学在学生のうち,中学校・高等学校教員免許取得をめざす大学生・大学院生のうち,100名程度を教育実習生として受け入れます。
教育実習生を対象に神戸大学が実施する事前指導・事後指導を本校教員が担当します。

☆ 教職実践演習への協力
中学校・高等学校教員免許取得希望者の必修科目である教職実践演習15回の授業のうち,10回の授業をのべ60名以上の本校教員が担当します。

☆ 卒業研究(課題研究)アドバイザー
5年生の卒業研究(課題研究)において,神戸大学大学院生が卒業研究アドバイザーとして生徒の学習・研究活動に協力します。

☆ 神戸大学の授業・講座への参加
「世界に挑む産業界・官界・政界トップリーダーによる連続リレー講座」(科目:教養原論(学部1年),総合科目Ⅰ(学部2年以上))を希望者が受講しています。それ以外の公開講座では,本校生徒が受講することが認められます。

☆ 神戸大学施設・設備の利用
入学式等の学校行事で神戸大学の施設を利用します。主な利用施設は「出光佐三記念六甲台講堂」,「統合研究拠点コンベンションホール」等です。
神戸大学附属図書館のうち「総合・国際文化学図書館」の図書資料を借りることができます。
部活動でもグランド,テニスコート,体育館等の神戸大学の施設を利用することがあります。

(2)神戸大学との高大接続研究
  準備中

高大連携

TOP