1. HOME
  2. プログラムの概要
  3. 取得できる学位と目指す進路

プログラムの概要

取得できる学位と目指す進路

 神戸大学から参加する学生には、プログラム修了時に修士号(国際学・経済学・政治学・法学)が授与されます。また、三大学間ではダブルディグリー・プログラム協定が締結されており、修業年限内に双方の大学からの学位を受けることもできます。その場合、高麗大学校では修士(国際学・韓国学)、復旦大学では修士(公共管理学・国際政治学)が取得できます。

三極連携による複数学位共同プログラム

※ 国際協力研究科におけるダブルディグリー・プログラムへの取り組みについては、右のリンクをご参照ください。

 
 本プログラムを通じて獲得される専門性は、インターンシップを通じて関わることになる国際機関やNGO・NPOにおいても、各国の中央・地方の行政機関における国際部局その他のリスクに関わる部門においても、求められることになるでしょう。さらに、リスクに関する国際的なマネジメントの視点は、東アジアに展開する民間企業や報道機関においても必要とされているものです。プログラム修了者の進路には、こうした諸機関への就職のほか、日中韓の各国大学院博士課程への進学や教育研究機関なども想定されています。