Ship of T.S. FUKAE MARU (深江丸について)

深江丸(ふかえまる)について

 神戸大学海事科学部附属練習船深江丸は,同学部の乗船系および非乗船系学生の実習(3泊4日程度,おもに瀬戸内海を航海)や各種実験のほか,他学部・他大学学生の乗船研修,高校生以上一般対象の公開講座,小学校高学年や中学生対象のセミナー・校外学習,さらに大学が国立大学法人化された後の最近では企業研修等にも利用されています.
 これに加えて深江丸の重要な役割に研究船としての活動があります. そのため,建造当時は先駆的であった光ケーブル船内LANがあり,実験・研究開発のため,下記装備を保有しています.

主要目航海機器主機補機船内LAN一般配置入渠(ドック)  /  深江丸のページへ戻る


深江丸主要目

船名 深江丸(ふかえまる)  
船舶所有者 神戸大学   使用者 神戸大学大学院海事科学研究科  
船種 練習船   船籍港 神戸  
船名符字 JJ3518  
造船所 三井造船 玉野事業所(岡山県)   竣工 1987年10月14日  

全長 49.95m   型幅 10.00m 
型深さ 6.10/3.75m  
総トン数 449トン   国際総トン数 674トン  
純トン数 202トン  
軽荷排水量 622.3トン   満載排水量 776.5トン  
航行区域 近海区域(非国際)   GMDSS A2水域  
最大搭載人員 64名(船長・機関長・士官4・部員6・教官4・学生48)  

主機関 4サイクルディーゼルエンジン×1基  
機関出力 最大1,100kW (1,500HP)×720rpm / 常用900kW (1,200HP)×672rpm  
発電機 ディーゼル発電機(300HP×1,200rpm)×2基・軸発電機×1基  
推進器 4翼可変ピッチ スキュープロペラ×1/直径2.10m(一軸左回り)  
横移動装置 バウスラスタ(推力1.5トン)×1・スタンスラスタ(推力1.2トン)×1  

航海速力 12.5ノット   試験最大速力 14.28ノット  
航続距離 3,000海里(約5,500km)  
KS-8改良型(重量965kg)×3(右舷・左舷・予備)  


主要目航海機器主機補機船内LAN一般配置入渠(ドック)  /  深江丸のページへ戻る


航海機器

機器 形式 製造者

磁気コンパス  RA165A  布谷舶用計器
針路支援装置  CR7  布谷舶用計器
ジャイロコンパス  CMZ300X  横河ナビテック
GPSコンパス  SC-120  古野電気
コースレコーダ  KR180  横河ナビテック
オートパイロット  PT21  横河ナビテック

ARPAレーダ・Sバンド  FAR-2137S  古野電気
ARPAレーダ・Xバンド  FAR-2127  古野電気
船舶自動識別装置(AIS)  FA-100  古野電気
電磁ログ  EML201-HSI  横河ナビテック
ドップラログ  DOLOG 23  クルップアトラス
GPS  GP-50 MARK-2  古野電気
D−GPS  GP-36  古野電気
無線方位測定機  FD-120K  古野電気
音響測深儀  F-851T  古野電気
潮流計  JLN-615  日本無線
風向風速計    布谷舶用計器
水温計  DT-3110A  村山電機
気象ファクシミリ受信機  FAX-288 MARK-2  古野電気
潮流計  JLN-615  日本無線

国際VHF無線電話送受信機 
(デジタル選択呼出装置) 
FM-7500  古野電気
ナブテックス受信機・英語  NX-500  古野電気
ナブテックス受信機・日本語  NX-600  古野電気
双方向無線電話  FM-7500  ×2台 古野電気
SSB無線電話送受信機  FS-12  古野電気

航行支援情報処理装置  NACOS 20  クルップアトラス
航海データ表示器  NAVPET  布谷舶用計器
チャートプロッタ  NAUTOPLOT  アンシュッツ
電子海図表示情報装置(ECIDS)  FEA-2105  古野電気


主要目航海機器主機補機船内LAN一般配置入渠(ドック)  /  深江丸のページへ戻る


主機および補機

機器 形式 製造者

主機関  4サイクル ディーゼル機関  ×1基 ダイハツ
形式:   6DLM-26S 
定格出力:   1,100kW(1,500PS)×720rpm 
シリンダx径x行程:   6×260mm×340mm 
制御装置:   電気式遠隔操縦装置 

アクティブ防振ダンパ  MITSUI SUPER-ISOLATOR  ×1式 三井造船

推進器  4翼可変ピッチ 
スキュープロペラ・直径2,100mm 
×1軸 かもめプロペラ

主空気圧縮機  25.2m3/h ・ 3MPa  ×2台 松原鉄工所
燃料油清浄機  SJ-700 1,500リットル/h  ×1台 三菱化工機
潤滑油清浄機  SJ-700 1,500リットル/h  ×1台 三菱化工機
油水分離機  UST-05 500リットル/h  ×1台 大晃機械

主発電機  ディーゼル発電機  ×2式
原動機:   S165L-T 250kW×1,200rpm  (×2台) ヤンマー
発電機:   3相225V・60Hz・250kVA  (×2台) 西芝電機

軸発電機  3相225V・60Hz・250kVA  ×1台 富士電機

非常用発電機  F3L912  ×1台 三井ドイツ
(原動機)   30kW×1,800rpm 
(発電機)   225V・30kVA 



主機関

軸発電機

機関制御コンソール(船橋後部)

電力制御室(機関室船首側)


主要目航海機器主機補機船内LAN一般配置入渠(ドック)  /  深江丸のページへ戻る


船内LANおよびデータ処理システム

 深江丸には,建造当初から敷設されている光ファイバをメディアとした高速LANと,これを利用した航海・機関データ計測システムが一部稼働しています.
     しかしながら,各機器の老朽化とともに,学内外の利用者の利便性を配慮した最先端の船内LANの構築が強く望まれています。
    (下記は,建造当初の船内LAN)

主要目航海機器主機補機船内LAN一般配置入渠(ドック)  /  深江丸のページへ戻る


一般配置図・船内外各部写真

↓図をクリックすると拡大表示します.   ↓写真が見られます
GENERAL ARRANGEMENT

  深江丸前部
  深江丸後部
  船首甲板
  後部甲板

航海船橋 − Bridge Deck

  船橋操舵室前面
  船橋航海コンソール
  船橋機関制御コンソール

上甲板 − Upper Deck

 サロン / Saloon
 データ処理室 / Data Processing Room
 実験室 / Laboratory

主甲板 − Main Deck

 学生ホール(教室兼食堂)/ Lecture Room
 主甲板通路
 ギャレ(調理室)/ Galley

下甲板 − Lower Deck

 学生居室 / Cadet
 学生居住区通路
 機関室 / Engine Room
  主機関(中央右奥)と1号発電機(やや左奥)

↑図をクリックすると拡大表示します.   ↑写真が見られます


主要目航海機器主機補機船内LAN一般配置入渠(ドック)  /  深江丸のページへ戻る


入渠(ドック)工事風景


ドライドック

KS-8型高把注力錨(神戸商船大学開発)

船首船底部

船尾船底部

バウスラスタ(推力1.5トン)

スタンスラスタ(推力1.2トン)


主要目航海機器主機補機船内LAN一般配置入渠(ドック)  /  深江丸のページへ戻る


深江丸のページへ戻る