履修

博士前期課程英語コース <募集要項>
1.登録定員 10名 (56名中) ∗各領域ごとの定数はありません
2.開講期間 2年間(博士前期課程1)
3.入学試験 博士前期課程一般入試と同一
4.入学条件 博士前期課程一般入試入学条件と同一(登録制)
5.英語コースへの申請 毎年4月初旬~中旬

カリキュラム規定
(1)授業科目
   授業科目は特講Ⅰ(2単位)、演習・実習(2単位)、特別研究(10単位)からなる。
   特別研究では各専門分野に関する課題を設定し、研究指導を行う。
(2)履修方法
   選択必修30単位以上
   a.共通科目から6単位以上を履修する。
   b.担当教員が開講する専門科目14単位以上(特講2単位以上、演習2単位以上、特別研究10単
     位)を履修する。
   c.残りの必要単位は、指導教員の指導の下、本専攻の共通科目や他領域科目あるいは本学の他研究科で
     開講される科目から選択する。

共通科目6単位以上
専門科目特論2単位以上
演習2単位以上
特別研究10単位以上
合計30単位以上

博士前期課程英語コースでは2年以上在学し、下記に定める履修区分の単位を30単位以上修得しなければならない。
特別研究は指導教員の指導を受けて、修士論文作成と発表会での研究発表を行う必要がある。

<修了要件>
(1)本研究科に2年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、 修士論文の審査
   及び最終試験に合格すること。
(2)在学期間に関しては、教授会が優れた業績を上げたと認定する者については、大学院 に1年以上在学す
   れば足りるものとする。

<学位の授与>
ICHS修了の判定は研究科教授会が行い、修了者には、修了証修士(保健学: 英語名Master of Science)の学位を授与する。修了証は、学位記授与式の日に交付する。

ページトップに戻る