神戸大学 海事科学部 グローバル輸送科学科 ロジスティクスコース

進路

● 現時点での就職担当の教員は、海事科学部HPの就職業務担当者一覧をご確認ください。

卒業生の進路一覧(過去5年)

2016年度

業種 企業等
ロジスティクス 日本通運、日立物流、三菱商事ロジスティクス、ニチレイロジグループ本社、日本コンテナターミナル、西日本鉄道(株)、国際物流事業本部
情報・通信 富士通、時事通信社、ネクサスウェブ
流通 イオンリテール、ローソン、ファミリーマート、丸紅、蝶理
金融・保険 三井住友銀行、京都銀行、損害保険ジャパン日本興亜、明治安田生命保険
製造 P&Gジャパン、ダイフク
官公庁・サービス・その他 国土交通省、名古屋市役所
進学 海事科学研究科、他大学大学院

※海洋ロジスティクス科学科も含む

2015年度

業種 企業等
ロジスティクス 日立物流、三菱商事ロジスティクス、三菱化学物流、神鋼物流、上組(3)、西濃運輸、鴻池運輸、大森廻漕店
情報・通信 NTTデータ、テレビ大阪、日本アイビーエム中国ソリューション、東洋信号通信社、トラスト
流通 AOIホールディングス
金融・保険 みなと銀行、富国生命保険、第一生命保険
製造 日本たばこ産業、三菱電機 、スズキ、ダイキン工業、日立パワーソリューションズ、新来島どっく
官公庁・サービス・その他 仙台国税局、神戸市役所(2)、西宮市役所、尼崎市役所、宮崎市役所、神鋼不動産、日本eリモデル、i6コンサルティンググループ
進学 海事科学研究科(7)

※海洋ロジスティクス科学科

2014年度

業種 企業等
ロジスティクス 三井倉庫ホールディングス、日立物流、東芝ロジスティクス、 日鉄住金物流、三菱電機ロジスティクス(2)、アルプス物流、 山九、日新、西日本日立物流サービス、神戸海事検定
情報・通信 テレビ金沢、アイアンドシー・クルーズ、シーエスアイ
流通 住友商事、千趣会、JFE商事、山善、富士貿易
金融・保険 りそな銀行、みずほフィナンシャルグループ、京都銀行、 紀陽銀行(2)、山形銀行、池田泉州銀行、大同生命保険、 三井住友海上火災保険
製造 出光興産、福井村田製作所、常石造船、星和電機、カネカ、 ミネベア、タクマ、サミー
官公庁・サービス・その他 海上自衛隊、日本年金機構、旭化成アミダス、日本エスリード、ベネッセスタイルケア、アイロップ、メガ
進学 海事科学研究科(7)、他大学大学院

※海洋ロジスティクス科学科(海上輸送システム学課程含む)

2013年度

業種 企業等
ロジスティクス 商船三井、日本通運、住友倉庫、郵船ロジスティクス、 ニチレイロジグループ本社(2)、富士テクノトランス
情報・通信 NTTデータ、関電システムソリューションズ、 ベニックソリューション
流通 兼松、アズワン、コーナン商事、柳井電機工業、エブリイ
金融・保険 みずほ証券、ジェーシービー、三菱東京UFJ銀行、 池田泉州銀行、京都銀行、農林中央金庫、 日本生命保険相互会社、住友生命保険相互会社
製造 東芝、日本たばこ産業、二プロ、アストラゼネカ、東洋ライト、 栗田工業
官公庁・サービス・その他 兵庫県、松原市消防本部、海上自衛隊、旭化成アミダス、 ホテルオークラ神戸、ウィルウェイ、アクアプランネット
進学 海事科学研究科(10)、システム情報学研究科、 他大学大学院

※海洋ロジスティクス科学科(海上輸送システム学課程含む)

2012年度

業種 企業等
ロジスティクス 三菱電機ロジスティクス、鴻池運輸(2)、山九、味の素物流、 伊藤忠ロジスティクス、PAL、レインボーマリタイム、丸和運送
情報・通信 ユーズ
流通 住友商事、三陽商会
金融・保険 三菱東京UFJ銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券
製造 住友ナコマテリアルハンドリング、キーエンス、桑原組
官公庁・サービス・その他 日本年金機構、近畿日本ツーリスト中国四国、生活協同組合コープこうべ、大阪いずみ市民生活協同組合、ウィル
進学 海事科学研究科(12)

※海洋ロジスティクス科学科(海上輸送システム学課程含む)

卒業生からのメッセージ

様々な学問を学べる事が海洋ロジスティクス科学科の強み

卒業生

木村 勇介

私は生まれ育ちが神戸という事もあり、将来は海に関わるダイナミックな仕事をしたいと思い海事科学部に入学し、その後は世界の「モノの流れ」に興味を持ち、海洋ロジスティクス科学科を選択しました。現在は、総合商社という貿易や事業投資などを通して、海外のあらゆる国々と関わる会社で勤務しております。

海洋ロジスティクス科学科では、ロジスティクスは勿論ながら、数学、物理、化学、経済学、法学、環境、プログラミング…など、様々な学問を勉強する事ができます。一つの学問を追究する事は素晴らしい事ですが、海洋ロジスティクス科学科でいくつもの学問を勉強する中で、私は、物事を多角的・俯瞰的に考えるという感覚が身に付いたと思います。

総合商社で勤務する上では幅広い分野の知識が必要となりますので、学生時代に様々な知識を吸収できた事が、仕事をする上で大変役に立っております。

理系学部なので講義やゼミが大変で、趣味などに使う時間が無いのではと心配している受験生も多いかと思います。私は体育会の剣道部に所属していたのですが、履修科目やゼミの時間を調整する事で、ほぼ毎日ある練習にも休まず参加する事が出来ましたので、皆さんも充分に学業と自分の時間の両立が出来ると思います。

また実験や乗船実習など、周りと協力しながら取り進める講義も多いので、学科生同士の結びつきは強く、今でも仲良くしています。

現在の所属: 住友商事株式会社 勤務
 卒業学科・年月: 海事科学部海洋ロジスティクス科学科 2013年3月卒業

海事での出会いを武器に、世界の海運を支える

卒業生

江村 聡一郎

高校時代から船に興味を持っていた私は、船舶に関して専門的に学ぶ為に海事科学部への進学を決めました。大学生活では日々の講義や実習の中で専門的な知識を蓄えるだけでなく、サークル活動やアルバイトを通して学生時代にしかできない数多くの貴重な経験を得ることが出来ました。また、卒業研究では物流管理学研究室に所属し、「コンテナターミナル運用の最適化」について研究を行いました。先生方の献身的なご指導、先輩方や同期のサポートのおかげで1年間という限られた時間の中で研究をやり遂げ、大学での成果を"卒業論文"という形に出来たことは自信となりました。

特に、私にとって大学4年間の中でかけがえのない経験となったのが、4回生で参加したIAMUS(International Association of Maritime Universities Student)でした。このプログラムでは学部を代表してルーマニアに行き、世界各国から集まった学生たちと交流を深め、彼らに自分自身の研究について英語でプレゼンテーションを行いました。この中で世界各国から集まった同世代の友人たちと絆を深め、彼らの誇りを持って学ぶ姿に感銘を受け、近い将来に海外で"日本人"として誇りを持ち働きたいという思いを強くしました。

卒業後の現在は第一志望の企業に就職することができ、非常に充実した日々を送ることができています。海事科学部での数多くの出会いは私にとって"最大の武器"となり、今の私を支えています。

現在の所属: 株式会社商船三井 勤務
 卒業学科・年月: 海事科学部海洋ロジスティクス科学科 2014年3月卒業

親身な指導の元で学べる、身近でかつグローバルなロジスティクス

卒業生

平地 祐香

高3の時、進路に悩んでいた私は、幅広い専門科目を開講していることから、海事科学部に入学を決めました。1年次には、様々な分野の授業を受けていく中で、物流に興味を持ち始めた私は、2年次から海洋ロジスティクス科学科(2013年度以降はグローバル輸送科学科)を選択しました。4年次からは物流管理学研究室で、輸送の最適化を考える上で重要になってくる、メガポートのコンテナ船の寄港情報を分析しました。最終的な到着予想時刻と実際の 到着時刻ではどの程度差があるのか、それはルートや港、コンテナ船のサイズの何に起因しているのかなど、世界規模での船の輸送状況が、調べ分析していく中で段々理解が深まり、とてもやりがいのある研究でした。

海事科学部では、乗船実習などユニークな体験が出来ることや、海だけでなくの幅広い分野と専門的な勉強の両方ができることが魅力だと思います。また留学や研修を希望していた私は、部活動を優先したため断念しましたが、そんな私の様子を見ていた先生の配慮で、毎週の研究報告を英語で行えるようにして下さったり、就活時にも手厚くサポートしていただいたりと、親身な指導をしてくださる先生方がいるのも、海事科学部の大きな魅力の一つだと思います。

現在は、生産・工程・品質管理の業務に携わっており、経験の無い分野で苦労や戸惑いも多いですが、海事科学部で培った幅広い知識やゴールへのアプローチ方法など沢山のことが、仕事に生かされています。

現在の所属: 日本たばこ産業株式会社 勤務
 卒業学科・年月: 海事科学部海洋ロジスティクス学科 2014年3月卒業

必ずわかる「大切なこと」、きっと見つかる「やりたいこと」

卒業生

松島 翔子

私は、中学を卒業後、高専で土木工学を学ぶうちに、海岸工学と都市計画(交通)の2分野に強く興味を持ち、海を基盤とした物流・陸上の交通を学べる海事科学部三年次へ編入学しました。社会に出てから、本学部に感謝していることがあります。それは本学部にしかない、"乗船実習"の経験です。編入生なので、3泊4日の瀬戸内航海のみの経験でしたが、狭い船内で集団生活を送ることで、それぞれに適した役割分担、相手を思いやる気持ちこそがスムーズな人間関係を生み、密なコミュニケーションがすべてを支えるということを、身を持って学びました。

社会人になって10ヶ月が経過した現在、人とのつながりの大切さを実感しています。地元との合意形成、他機関との調整、そして上司や先輩方の指導・意見を仰ぎながら、一歩一歩ゴールに進んでいることを実感しています。

社会人一年生の私が、一人でできる仕事には、限界があります。「一人でできる仕事の限界を破るのは、コミュニケーションの力。」これは、経験豊富な先輩方からも耳にします。社会人になり、何より大切と痛感する「コミュニケーション能力」。海事科学部で、必ず、わかります。「大切なこと」。そして、その大切なコミュニケーション能力を、本学部で身につけることができると自信を持ってお薦めします。それと同時に、学部の大変広範囲の研究の中に、きっと「やりたいこと」が見つかるはずです。

現在の所属: 兵庫県西播磨県民局龍野土木事務所道路課 勤務
 卒業学科・年月: 海事科学部海洋ロジスティクス科学科 2014年3月卒業

進路

卒業生の進路一覧(過去5年)

  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

卒業生からのメッセージ

  • 様々な学問を学べる事が海洋ロジスティクス科学科の強み
  • 海事での出会いを武器に、世界の海運を支える
  • 親身な指導の元で学べる、身近でかつグローバルなロジスティクス
  • 必ずわかる「大切なこと」、きっと見つかる「やりたいこと」

PAGE TOP