しなやかな社会の創造をめざして

災害に対して回復力、復元力(レジリエンス | Resilience)を発揮できるしなやかな都市は同時に住みやすい都市(リバブルシティ | Livable City)でなければなりません。こうした社会環境を実現していくためには、都市空間を形成する物的環境のみならず、人々の行動や規範、制度なども含めた統合的な視野に立ち、学術的な知見や研究成果を実装していく「デザイン | Design」が求められます。神戸大学において培われ、蓄積されてきた減災社会実現のため様々な知見を、「デザイン」を通して社会実装していく手法の開発を行っていくための研究拠点として、国内外の機関と相互補完し、国際的な視野で安全・安心な世界の実現へ向けたネットワークを構築します。同時に神戸大学減災デザインセンター | Center for Resilient Design(CResD)は神戸大学の機能強化プロジェクトの一つ「未来世紀都市学 | Multidisciplinary Integration for Resilience And Innovation (MIRAI)」研究ユニットに参画し、文理融合の更なる進化に取り組みます。

神戸大学減災デザインセンターの研究テーマ

国際的視野で、しなやかな都市社会の創造をめざすデザインセンターとして、実験的/ 実践的/ 開放系/ 融合的な研究を分野横断的に行い、社会実装を行います。

減災都市デザイン研究
リバブルシティ研究
創造的デザイン理論研究
価値創造に関する研究
プレイスメイキングに関する研究
グリーンインフラ研究
ビッグデータによる減災デザインに関する研究
地域の安全安心に資する研究
住宅地の再生に関する研究
市民参画型デザインに関する研究
マイクロエスノグラフィーによる減災デザイン
地域の歴史文化継承に関する研究
減災デザインにおけるフィージビリティ研究
国内外でのデザイン研究ネットワーク構築
国際的防災教育に関する研究
減災デザインに関する発信・啓蒙
文理融合による減災デザイン研究

神戸大学減災デザインセンター参画メンバー

センター長
北後明彦[建築学/教授]
副センター長
遠藤秀平[建築学/教授]
槻橋 修[建築学/准教授]
鶴田宏樹[創造本部/准教授]
センター教員
山崎寿一 [建築/教授]
芥川真一[市民/教授]
小池淳司[市民/教授]
田浦俊春[機械/教授]
大村直人[化学/教授]
末包伸吾[建築/教授]
近藤民代 [建築/准教授]
鈴木広隆[建築/准教授]
中江 研[建築/准教授]
栗山尚子 [建築/准教授]
妻屋 彰[機械/准教授]
祗園景子[市民/助教]Link >
浅井保[建築/助教]
山口秀文[建築/助教]
ピニェイロ・アベウ[建築/助教]
学内協力教員
滝口哲也[システム情報/教授]
金子由芳[国際協力/教授]
平山洋介[発達/教授]
長坂一郎[文学/教授]
藤井信忠[システム情報/准教授]
山田香織[機械/助教]
学外協力教員
東京農業大学地域環境科学部:福岡孝則[准教授]
宮城大学事業構想学群:友渕貴之[助教]
天津大学建築学院:鄭 穎[副教授]
リガ工科大学:Modris DOBELIS [教授]
モナシュ大学デザイン学部[MADA]:Ari Seligmann[准教授]
ワシントン大学:Jeffrey Karl Ochsner[教授]
ガジャマダ大学:Ikaptra[教授]

お問合せ

住所

657-8501

神戸市灘区六甲台町1-1

神戸大学大学院工学研究科内

減災デザインセンター

メール

hokugo_@_kobe-u.ac.jp

(「_@_」を「@」に変更)

電話

078-803-6440(北後研究室)