神戸大学大学院農学研究科附属 食資源教育研究センター
農場の生産物 アクセス お問い合わせ リンク
 
プログラムスケジュール実習の様子お問い合わせ・お申込み


「食」を支える農業は、私たちが毎日食べている農作物を生産する重要な産業のひとつです。しかし、近年では農作物がどのような場所でどのように作られ、そしてどのような過程を経て自分達の食卓に届いているのか知る機会が少なくなりました。

食資源センターでは、「農作物が農場から食卓へ上るまでの過程を知ること」が最も基本的な食育のひとつであると考え、年間を通じて多種多様な農作物が収穫できる作付体制を構築しています。そして、利用者自らが栽培・収穫に関わったものを調理し、食することで、食べ物の有難さと大切さを実感する機会を提供しています。

 加えて、食資源センターは但馬牛やイネ、ナシなどの多様な遺伝資源を保有しており、動植物の遺伝資源の評価と開発を専門とするスタッフが多く所属しています。これらの遺伝資源と情報を活用して、遺伝資源の多様性やその重要性を実践的に学ぶ機会も提供しています。

 センターの所有する人的・物的資源が学内での利用に留まらず、社会に広く活用されることを目指して、農学部だけでなく農学部以外の他大学の学生を対象として以下の3つの教育プログラムを用意しています。

①「農場から食卓まで」:
食と農業を体感し食の安全を学ぶプログラム(主に非農学系対象)
②「農業と遺伝資源」:
農業における遺伝資源の意味を学ぶプログラム(主に生命科学系対象)
③「実践食料生産」:
神戸大学農学部生対象の農牧場実習に参加するプログラム
(主に農学系対象)



拠点実習参加者に行ったアンケートの結果です。

プログラムへの参加をお考えの方、参考にぜひご覧ください。
H28年度アンケート結果
H27年度アンケート結果
H26年度アンケート結果

 
食資源教育研究センターphoto 食資源教育研究センターphoto 食資源教育研究センターphoto 食資源教育研究センターphoto 食資源教育研究センターphoto 食資源教育研究センターphoto 食資源教育研究センターphoto 食資源教育研究センターphoto
実習の様子